チェルシーの新しいGK、ケパ・アリサバラガとは誰なのか?

画像出典元 90 Minites At A Time

レアル・マドリードへの移籍が濃厚となっているティボー・クルトワの代わりとなる選手として、チェルシーはアスレチック・ビルバオの若き GK ケパ・アリサバラガと 7100万ポンド(約102億円)の超大型契約で移籍にサインしたとの報道があるようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーは、23歳の GK ケパ・アリサバラガとの契約でアスレチック・ビルバオと契約を結び、ブルーズが世界記録を破る 7100万ポンド(約102億円)の移籍金を支払う契約を結んだ。ここでは、移籍がサッカーの世界全体に衝撃を与えたこの選手の内情を示す。

アリサバラガの経歴は?

ありがたいことに、サッカーファンとジャーナリストには、チェルシーの新しく署名する選手は、単にケパとして知られている。

若いスペイン人は、最近 2016年 9月にアスレティック・ビルバオのトップデビューを果たした。

彼のその後の活躍ぶりとしては、流星のような話題性が欠けているとはいえない。

彼はその後、ビルバオでは 53試合に出場し、今年 1月にはレアル・マドリードからの強い関心を集めている。

しかし、わずか 6ヶ月ほどであるが契約が残っており、彼がクラブを離れることを防ぐため、代わりにクラブはケパと新しい契約を結んだ。

国際舞台では、ケパは 2012年に欧州選手権で優勝したスペインの U-19 チームメンバーの一員であり、彼はトーナメントの準決勝で 2つのペナルティを防いだ。これは彼のプレーの特徴として挙げられるだろう。

彼は 2017年 11月にスペイン A代表のデビューを果たした。そして今年の夏、ワールドカップのスペイン代表メンバーとして選ばれた。しかし、ケパはロシアに行ったが、ワールドカップでの出場は無かった。

引用元 90 Minites At A Time、和訳者 cheren

アリサバラガに7100万ポンド(約102億円)の価値はあるのか?

7100万ポンドの価値がある選手は居るだろうか?

リバプールがローマから GK アリソン・ベッカーのサービスを確保するため、GK としての移籍金記録を打ち破ったが、これはトップクラスのゴールキーパーの市場価値であると主張することができる。

しかし、ティボー・クルトワがレアル・マドリードに向かう可能性が高いため、チェルシーは、プレミアリーグ移籍枠が木曜日に閉ざされる前に、緊急にゴールの前に立つ新しい選手を必要とした。

チェルシーは、彼らが署名した誰に対しても有利な条件を与えなければならないということを意味する。

彼のゴールキーピング能力を見て、レアル・マドリードが選手を偵察しているなら、少なくとも彼はまともな選手になるだろうということを知っている。

昨シーズンのケパは、ビルバオがラ・リーガで直面した 3つのペナルティキックのうち 2つをセービングし、ペナルティに強いという名声を高めた。

このスペイン人は、プレミアリーグでますます重要になっている特性である優れたパス範囲を備えている。彼のショット・ストップ能力と衝撃的な反応速度は、もともとレアル・マドリードの注目を集めたものだ。

彼に数えることができるものを挙げるとすれば、それは彼の経験の欠如となるだろう。

明らかな比較として、プレミアリーグの身体的特徴と大釜のような雰囲気のスタジアムに対処するために最初に苦労したスペイン代表正 GK、ダビド・デ・ヘアが引き合いに出される。

ケパは、将来のためにマドリードと契約するつもりだったが、7100万ポンドの手数料を要求する選手が第2 GK としての立場のために契約はしないだろう。

チェルシーはスペイン人の若手 GK にサインすることを望んでいる。彼は何年にもわたってクラブのナンバーワンとしての地位を固めたいと望んでいる。

契約金は多くのサッカーファンを驚かせるかもしれないが、ケパ・アリサバラガは非常に有望な GK であり、チェルシーシャツで素晴らしいことを達成することができる。

引用元 90 Minites At A Time、和訳者 cheren

まとめ

クルトワの代わりとして白羽の矢が立った選手は、7100万ポンドの超大型契約でチェルシー加入が報道されているアスレチック・ビルバオの若き正 GK ケパ・アリサバラガという選手のようです。

23歳の経験の少ない GK に支払う移籍金が高額すぎる気がしますが、目前に迫っているプレミアリーグの移籍期間終了という制限時間を考えると、チェルシーは相当吹っ掛けられたような印象を受けますね。

アリサバラガという選手に目を向けてみると、U-19 欧州選手権での 1試合 2PK セーブや昨シーズンのアスレチック・ビルバオで失点を防いだ 2PK という実績から、彼の驚異的な反応速度が目立った特徴として挙げられます。

クルトワのチェルシー帰還前のような、チャンピオンズリーグといった大舞台での出場経験も無いアリサバラガとしては、彼の試合経験の少なさが彼の弱点となるのでしょうが、この高額な移籍金から考えて、彼がチェルシーの正 GK としてゴールマウスを守るファーストチョイスの選手になるのは明白です。

現地報道では既に契約が完了したような記載が目立っていますが、チェルシーへの加入が決定したのであれば、彼の活躍を応援したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)