ジョルジーニョとサッリによるナポリの美術品の次の停車駅

画像出典元 Football Paradise

プレミアリーグ開幕が開幕していますが、チェルシーの今シーズンの現体制に至るまでのグダグダ感を批判したメディアがあるようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

今シーズン、チェルシーの 2人の最大の雇用者は、クラブが自分のサッカーのアイデンティティを見るための方法を変えることができる。

ジョルジーニョとマウリツィオ・サッリは、悲観的ななサッカーにより不名誉で必ずしも正しくない場所で、日差しがいっぱいの時代を約束する。

ここ十年にわたるブリティッシュ・サイクリングの驚異的な成功の限界利益の役割から作られた。

クリスタルパレスでは、チームを少しでも改良しようと苦心するサム・アラダイスもそれに夢中になった。

「すべてのプレーヤーに2%を支払うと、あなたのプレーは全体的には22%増加する」と彼は試合の番組のノートに書いた。

そのような利益を集めることを完全には確信していないが、サム・アラダイスと議論するのはそれは私ではない。

一方でチェルシーは、選手たちのピッチでのパフォーマンスを損なうほどの財政的限界利益にはとても興味があった。西ロンドンは厄介な夏だった。

アントニオ・コンテがクラブから退場を命じられたのは、チェルシーのようなサッカークラブの最大の秘密だった。彼の退職金を支払う気にならず、誰かがこの面倒な監督を取り除くことを望んだのだ。

しかし、それを誰もしなかった。だから、彼をマウリティオ・サッリと置き換えることは、SSC ナポリの会長、そして狂人のアウレリオ・デ・ラウレンティスに対処することを意味していた。

交渉は夏の間ずっと続き、想定されたデッドラインが来て、そして過ぎ去って行った。選手がいつトレーニングに戻ったかを知らなかった。

チェルシーは、交渉を遅らせることで何ポンドかを節約したかもしれない。しかし、 チャンピオンズリーグで敗退すれば、その躊躇った態度によって何百万ポンドも損することになるだろう。ティボー・クートワはクラブを逃げ出し、コンテは建設的な解雇のための訴訟を勝ち取る。

フットボールディレクターのマイケル・エメナロが 11月に退任した後、スタンフォード・ブリッジには長期的な計画が無い。それは古い格言の教科書の論証であり、つまり「計画無くして成功なし」だ。

コミュニティ・シールドでの一戦は、既に計画を立ててそれに向かって邁進するチームと、「たった今」新しい目的を学んだチームとの違いを明確に示した、

マンチェスター・シティ FC のスターティングイレブンのラインナップは、多くの選手がワールドカップから帰ってきたばかりであることを考えると意外にも強かった。

これらは、シーズンを開始してタイトルを守ることを渇望した選手たちに刺激を与えた。

「奇妙な」パスポート問題のためにトレーニング参加に 5日間も遅れたウィリアンの報告、臨時の旅行日を取ったエデン・アザール、そして AWOL(無届け外出)をしたクルトワといった選手達の姿勢と比較するべきだ。

1つのチームはこの試合の準備をしていたが、もう 1チームはまだプレシーズンとしてまさに色々試そうとしていた。

両チームは 4-3-3 のフォーメーションを用い、積極的なプレッシャーとボールポゼッションを意識した高い防御ラインを狙い、同様のアプローチで、誰がより良くプレーできるかに懸かっていた。

使い慣れたシステムでより強力なラインナップを演出していたのはそれだった。

13分に生まれた FW セルヒオ・アグエロの最初のゴールは、チェルシーの経験不足によりプレスを高く押し上げた結果だった。

シティがバックラインでボールをノックアウトすると、ジョルジーニョはミッドフィールドからフェルナンディーニョを圧倒した。

MF フェルナンジーニョが DF アイメリク・ラポルテにボールを移動させた後、ジョルジーニョはセスク・ファブレガスによって空いたスペースをカバーするために、すぐにセンターバックの 1人を回して動かした。そして彼はボールに近づくために足を踏み入れた。

代わりに、古い癖が蹴られ、チェルシーのバックラインが深く落ちた。

ラインの間のすばらしいポケットの中に居座る MF ベルナルド・シウバがすてきなボールをキューに入れる。ポルトガル人は、アグエロに託すために急激に動く MFフィル・フォーデンへ素早くパスした。

フォーデンが英国サッカーの新しい救世主を求めている間に、数週間にわたって英国のプレスが多くのインクをこぼしてしまった。

「急増」や「暴風」などの強い形容詞があるが、実際には、ティーンエイジャーはラポルテとシルバがすべての仕事をした後、ミッドフィールドで巨大なエンゴロ・カンテの形をした穴を突き抜けただけだ。

実際、ベルナルド・シウバの繰り返し危険なポジションを取って、この試合中にチェルシーのミッドフィールドを駆け抜けて走ったプレーは、大きな賞賛に値する。

後悔は 20/20 であるが、チェルシーは昨夏の AS モナコから間違った MF を選んだと思っている。

しかし、少なくともサッリ・ボールはエキサイティングだ。それがあまりにもエキサイティングだと言っても、より実用的なスタイルにファンの好みを裏切るかもしれない。

サイドのカンテでさえ、チェルシーのバックラインでのドライビングは、今シーズンはあまりにも一般的な光景になるだろうと私は恐れる。

クラブが最後にハイラインを優先した監督を任命したとき、私はまだ震えている。アンドレ・ヴィラス=ボアスがもたらした手に負えないような混乱状態を。

しかし、サッリはすでにナポリからジョルジーニョを連れて来てくれた。ブラジル生まれのイタリア人は彼の最善を尽くしていなかったが、しかし私は彼のためにいくつかの言い訳を見つけようとしている。

彼はピッチを中心にモーターを動かし、ボールを見つけて交通を指示するのを見て喜ぶ。残りのプレミアリーグのチームは、ジョルジーニョがこの恐ろしく素晴らしいシティに加入しなかったことについて、チェルシーに感謝状を送るべきだ。

シティのファンは勝利したが、今シーズンの初めにチェルシーの支持者にも有望な兆候がいくつか見えている。

まず、クラブは夏の間アザールを守ることができた。彼のアイドル、ジネディーヌ・ジダンはレアル・マドリードにはもう居ない。私達はまさに今、アザールの除幕式のビデオを見ていると確信できる。

もう一つの明るい点は、17歳のカラム・ハドソン・オードイの登場だ。彼はプレシーズンの全てにわたって衝撃的だった。

フォーデンは素晴らしいが、英国のサッカーは次なる大きな希望としてハドソン・オードイにもっと希望を向けて欲しい。

イングランドサッカー選手の次の大物を語るとすれば、元タイトルホルダーのロス・バークリーは、サッリのシステムでは悪い箇所の半分も見えない。

イタリア人監督は、スタンフォード・ブリッジでサッカーに楽しみを戻すことについて繰り返して話している。これを可能にするプレーヤーは実に楽しい。

昨シーズンのコンテのチェルシーに、バークリーがどのようにフィットするのか困惑したが、彼の強さと能力は 2018/19 シーズンで役立つだろう。

見ることを楽しむのと同じくらいこのチームが新しい監督の下に居るかもしれないが、彼らは 0-2 で敗戦した。

昨年春のシティ戦に対するコンテの信じられないほど守備的なアプローチは広く批判されたが、少なくとも彼は 0-1 で敗れた。(そして、マルコス・アロンソは最後に栄光のチャンスを無駄にしたわけではないので、私達はそれをコンテの神業と呼んでいる)。

取締役会の監督、移籍、契約延長に対する不満は、チェルシーがシーズン開始の準備ができていないことを明らかにし、それは支配するチャンピオンに対して見せた。

しかたがない。

少なくとも彼らは再びチャンピオンズリーグの外で終わることを楽しみに待っている。

引用元 Football Paradise、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)