マウリツィオ・サッリがチェルシーに感じる足りないもの

画像出典元 sportskeeda

プレミアリーグの開幕戦を終え、メディアは現在のチェルシーに感じる足りないものを挙げています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

マウリツィオ・サッリはチェルシーのチームに何か足りないものを感じているだろうか?

プレミアリーグの新しいシーズンの開幕戦で、トップチームの多くはそれぞれ勝利を収めた。

マンチェスター・ユナイテッドとトッテナムは、ともにレスターとニューカッスルに対して辛くも勝利を奪った。マンチェスター・シティとチェルシーの両者にとっては、アウェーでの快勝だった。

一方でリバプールは、日曜日にアンフィールドで新人監督のウェストハムと対戦し、4-0 で勝利している。

こうしたことを念頭に置いて、我々はすでに、これらの大きなチームが今後数ヶ月で苦労する可能性のある分野と潜在的な弱点を見極めることができる。

シティは先週、コミュニティシールドでの 2-0 の勝利でチェルシーに強烈な印象を与えた。彼らはアウェーのエミレーツ・スタジアムでアーセナルを完全に打ち負かしており、彼らは更に良い流れに乗っているといえる。

ブルーズの勝利はそんなに説得力があっただろうか?

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

大勢によるディフェンスの質

セサル・アスピリクエタはチェルシーのバックラインの中で堅実な選手としてまさに認識されている。彼の他にもマルコス・アロンソ、ビクター・モーゼス、アントニオ・リュディガーといった選手も、最新のシーズンに召集されたときにすべてが強化されている。

ダヴィド・ルイスについては、特に 4バックの守備で依然として疑問が残っている。

同 CB のガリー・ケーヒルは、サッリが間違っていることを証明し、彼をスターティングメンバーとして起用することを決心するだろう。

このようなポジションでの競争は決して悪いことではなく、DF の競争が続くことは容易に想像することができる。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

更に強靭な MF 陣

チェルシーのファーストチームで様々な MF の名前を挙げ始めると、決して終わらないように見えるだろう。

スターティングイレブンのレギュラーポジションを要するセスク・ファブレガスは、世界クラスの能力を持っているにもかかわらずベンチ外となったが驚くべきことではない。

創造的なスペイン人は、ケーヒルのように新しい監督の下で印象づけるために懸命に働かなければならないだろう。

エンゴロ・カンテは、新しい中盤のパートナーであるジョルジーニョと共に強烈な印象を与えている。

マテオ・コヴァチッチのレアル・マドリーからのシーズンロング・ローンは、クロアチア人が証明するべきポイントを持つ男のように感じるかもしれず、クーデターになるかもしれない。

24歳のとき、コヴァチッチはサンチャゴ・ベルナベウでのレギュラーとしての出場機会の不足に失望しており、レアルから離れた優れた期間は、この点をさらに強調するだろう。彼は世界レベルのポテンシャルを実現するために出発しなければならない。

攻撃側の中盤の役割を占めて数多くのゴールを生み出すエデン・アザールとウィリアンについては言及しなくても良いだろう。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

FW – 仕事が必要だろうか?

ミシー・バチュアイのバレンシアへのレンタル移籍に続き、チェルシーには CF でそんなに多くの選択肢が無い。

序盤にイングランドに適応するのに苦労していたアルバロ・モラタと元アーセナル人のオリヴィエ・ジルーだ。

どちらもオフェンス陣の中でさまざまなプレイスタイルを提供することができるが、モラタの鋭いフィニッシュの欠如は、ジルーからスタートすることを示唆している。しかし、監督の判断は依然としてスペイン人である。

タミー・アブラハムも正式にファーストチームのストライカーして登録されているが、未だ今月が終わる前に他クラブへのレンタル移籍する可能性がある。

クラブの明らかな世界的なストライカーのスカウティングは、現在の選択肢に不満を示している。

これは時が教えてくれるだろう。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

記事から判断すると、メディアが想像するチェルシーで今後問題となりそうなポジションはフォワード陣であるようです。

フォワード陣はさほど選択肢が無く、アルバロ・モラタとオリヴィエ・ジルーの一騎打ちとなるだろうとのこと。しかし、モラタのフィニッシュ能力に不安があるもののサッリは現状モラタをファーストチョイスとするようで、このポイントも不安要素と考えているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)