チェルシー、FW ウィリアンに 2年契約を打診中

Chelsea

画像出典元 Sport Mole

チェルシーは、今夏の残留が確定した FW ウィリアンに対し、チェルシーでの 30歳以上の選手には異例となる 2年契約を新たに打診しているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーは、マンチェスター・ユナイテッドからの関心を一掃するため、FW ウィリアンに新たな 2年契約を提供する用意があると伝えられている。

ブラジル人ウィンガーは、今夏の移籍市場においてスタンフォード・ブリッジから離れる動きに関連していた。これは、ウィリアンがクラブに不満を抱いているとの報道を受け、ユナイテッドとバルセロナの両クラブが関心を示していた。

ウィリアンは、もし前監督のアントニオ・コンテがマネージャーとして残っていれば、彼はチェルシーを去っていたことを最近認めた。そして、マウリツィオ・サッリが新監督として就任したことで、チェルシーに喜んで残留していることを主張した。

ブルーズは現在、ウィリアンに新たな 2年契約を提供することで、クラブの方針を破りたいと考えていると Mirror が報じている。

チェルシーは通常、30歳以上の選手については 1年契約のみをオファーしているが、彼らは先週、彼の30歳の誕生日を祝ったウィリアンに対しては、喜んで例外を適用しようとしている。

ウィリアンは、現在の交渉ではちょうど 2年の契約が取り沙汰されているが、新しいオファーでは週給12万ポンド(約1690万円)の賃金が上昇するだろう。

引用元 Sport Mole、和訳者 cheren

 

チェルシーは今夏の残留が確定したウィリアンに対し、2年契約を打診しているとメディアが報道しているようです。この 2年契約はチェルシーには異例であり、通常チェルシーでは 30歳以上の選手には 1年契約しかオファーしないとのことです。

ウィリアンを起用したいサッリの意向も反映してか、彼に対してはチェルシーが誠意を見せているようです。

ウィリアンも前監督コンテが今年も留任していれば間違いなくチェルシーを去ったと認めており、攻撃的なサッカーを標榜するサッリに監督が代わったことにより、彼自身チェルシーでもう一度新しい上司の下で新たなサッカーを楽しみたいということなのでしょう。

特にサッリは、前監督の好んだ厳しい規律を撤廃する考えを取っており、特に栄養面を考慮した食事に対する厳しいルールとホームゲーム試合前日には西ロンドンのホテルに滞在するルールを撤廃しているようです。

このような厳しい規律もコンテとウィリアンの関係を悪化させる一因となったのかもしれません。

 

コメント