チェルシー対アーセナル:5つの論点と戦術分析

画像出典元 sportskeeda

先日行われたビッグロンドン・ダービーのチェルシー対アーセナル戦のマッチレポートがメディアに掲載されているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

土曜日にホームのスタンフォード・ブリッジで行われたプレミアリーグの試合は、両チーム合計シュート 37本を数える撃ち合いの末、チェルシーがアーセナルを 3-2で下した。

ペドロとアルバロ・モラタのゴールにより、20分にはチェルシーが 2-0 でリードした。

しかし、アーセナルはすぐに反撃を食い止めて前半終了間際にチャンスを掴み、ヘンリク・ムヒタリアンとアレックス・イウォビのゴールで 2-2 の同点とした。

試合後半は両チーム互角の展開となっていたが、マルコス・アロンソが 81分にゴールし、最終的には 3得点を獲得して勝利したのはホームチームだった。

ここでは、ゲームについての議論のポイント 5つについて述べたい。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

チェルシーの MF がアーセナルのディフェンスラインを混乱させる

非常に高いラインを維持していたアーセナルの問題は、彼らの CB が最速ではなかったことだった。

チェルシーが飛ばした最前線へロングパスは、あっさりとシュコドラン・ムスタフィとソクラティス・パパスタソプーロスの両選手のペースを奪った。

ペドロとロス・バークリーの両サイドの速攻でディフェンスラインが数ヤード遅れたとき、早期の警告兆候があった。

バークリーがボールをコントロールすることができれば、ペトル・チェフは 2対1 の状態に陥っていただろう。

しかし、ジョルジーニョが左サイドからマルコス・アロンソを見つけてボールを渡したとき、ブルーズはそれを作った。センターバックの反応が遅れ、ペドロがクロスを受けて 1-0 のゴールを決めた。

ホームチームは反撃を正確にできなかったが、それは彼らが働く余裕があるときのようだった。

アーセナルの守備がハーフラインとチェルシーの半分にまで押し上げられたため、2点目のゴールはあまりにも簡単に生まれた。ラインマンはオフサイドの決定を考慮する必要もないというミスだった。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

アーセナルは前半はちぐはぐだったが、前半終了間際に2-2とする

モラタが 2点目をゲットする前のアーセナルの最高のチャンスは、間違いなく彼らのトップスコアラーのピエール=エメリク・オーバメヤンだった。

しかし驚いたことに、ガボンのストライカーのシュートはクロスバーの上に大きく外れた。

それは選手を萎縮させるように思えたし、モラタが 2-0 とした後、ムヒタリアンも同様のチャンスを逃し、バーを撃った。

これらの攻撃の動きを掌握したウナイ・エメリは、タッチラインの絶望感を抱き、選手を激励する前に不信感を抱いていた。

しかし、アーセナルはチェルシーのフルバックの弱点を発見していた。アロンソは、エクトル・ベジェリンがワイドに展開しているのに対し、ムヒタリアンは彼の後ろにいた。残念なことに、彼はウィリアンからのフォローを受けていなかった。

一連の動きで、アーセナルはボールをボックスの中央に戻し、イウォビがゴールを決めた。ムヒタリアンのゴールは、ポストでケパを破った箱の外からルーズなボールを振り回して一気に良くなった。

全体としては、前半はスリル満点だったが、両チームのディフェンスは苦戦しており、彼らは前進しなければならなかったチャンスを考えていたはずだった。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

ジャカとゲンドゥージのペアは機能せず

アーセナルはシーズン 2試合目だったが、ルーカス・トレイラはまだ試合を開始するのに十分ではないと考えられ、ベンチで満足しなければならなかった。

代わりに、エメリは 4-2-3-1 フォーメーションで中盤のダブルピボットの役割を果たすグラニト・ジャカとマテオ・ゲンドゥージを配置しました。

ペアリングはうまくいかず、2人の選手はジャカが右に、ゲンドゥージが左に、それぞれ反対側でプレーしていた。 両選手は、それぞれロス・バークリーとエンゴロ・カンテをマークするよう指示されていた。

それは、ペドロが何度もしたように、彼らがセンターを通って走ることにより、ウイングがさらに引き離されていたことは明らかだった。

カンテはまた、控えめなプレーを果たし、最終的なパスまたはショットでより冷静だったが、チェルシーはもっとスコアを上げることができた。

また、ジャカも 30分前にファウルを犯し、エメリは後半にトレイラを起用するため、ハーフタイムで彼を交代させるに決めた。

ゲンドゥージは代わる必要はなかったが、19歳の選手は非常に落ち着いていたため、常に中盤でパスすることができた。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

ジョルジーニョのボール支配とエジルの失望

チェルシーは 4-3-3 でプレーしていたが、カンテをミッドフィールドのアンカーとしていたわけではなかった。

真ん中にジョルジーニョがいて、両側にはカンテとバークリーがいた。バークリーは純粋な攻撃の役割を果たしていたが、カンテにはボックス・ツー・ボックスの役割が課されていた。

サッリ・ボールはボールポゼッションを必要とし、チェルシーはボール支配率が60%以上だった。そして、彼らの攻撃は、中盤の真ん中のジョルジーニョを通って流れた。

問題は、イタリア人に一番近かったアーセナルのメスト・エジルがジョルジーニョにプレッシャーをかけていないことと、決定を下すスペースと時間の両方を許したことだった。

元 SSC ナポリの選手はアーセナルに先制した最初のゴールのキッカケとなり、また彼のパス成功率は90%を超えていた。

しかし、アーセナルがボールを持っていたとき、ジョルジーニョはイウォビかムヒタリアンのいずれかによって何度も暴露され、彼の両側に逃げ出した。MF を1人だけ持っているのは、チェルシーがさらされた別のエリアだった。

一方、エジルは試合に影響を与えることができず、特に後半では、アーロン・ラムジーが彼の所を奪うのを待ってエメリはエジルを交代させるしかなかった。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

エデン・アザールの起用により豹変する試合

スコアがまだ 2-2 のとき、サッリはエデン・アザールに数分を与えることを決めた。ベルギー人は長いワールドカップの後も慎重に使われている。

チェルシーは結果的に瞬間的に活気を与え、アーセナルは前半と同じようにケパをテストすることに失敗した。

アザールの走りとドリブルは左サイドで彼に絶え間ない脅威を与え、エクトル・ベジェリンは時に彼の守備的な任務を放棄するという罪を犯した。

3点目のゴールは不可避に思われ、左でチャンスを作ったのはアザールだった。

アロンソの走りを見守っていたベジェリンは、アザールをブロックしたり、アロンソを追跡したりすることの約束事を徹底していなかったので、その隙を突いてベルギー人がボールを滑らせてしまった。それをアロンソが最初にそれを受け取り、チェフを打ち負かした。

トレイラはまた、アロンソがゴールポストに妨げられないようにすることを許していた。

チェルシーは今勝点を 6ポイント獲得しているが、アーセナルは未だ勝ち点を得ていない。

しかし、彼らが持っていたチャンスで判断すると、これを勝負に活かすにはもっと慎重であるべきだった。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)