ニューカッスル戦の勝利で明らかにされる 5つのポイント

画像出典元 football.london

チェルシーは先日のニューカッスル戦で勝利を収めていますが、その試合で明らかとなったチェルシーの今後の鍵となるポイントが 5つ挙げられているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

ブルーズは、先週行われたプレミアリーグ第 3戦の結果により、リバプールと共にプレミアリーグの首位に浮上した。

ここで、エデン・アザールとルーベン・ロフタス=チークのチェルシーでの未来についてを含め、ニューカッスル戦で勝利したことにより見えてくる 5つのポイントについて触れる。

役割の逆転

昨シーズンのエティハド・スタジアムでのマンチェスター・シティ FC 戦をめぐるチェルシーの敗戦で陰鬱な表情を見せていた人にとって、おそらく昨日の試合で安堵したことが分かっただろう。

それは同じ試合をもう一度見ているようなものだったが、逆にそれはちょうどシティ戦からさほど間もない短い時間の中で、どのくらいのクラブが変化したかを見ることができた。

さて、ニューカッスルはマンチェスター・シティ程ではないかもしれないが、アウェーのブルーズがホームチームから 80%を超えるボール支配率を獲得していることから、チェルシーがゲームを支配するチームであることを示している。

ジョルジーニョはその真っ只中にあってゲームの流れを作り、中盤からのパスを得て、できるだけボールを保っている。

そのパスは左右にだけでなく、幾つかの方向に散らす必要があるが、それは確かにペースの素敵な変化である。

引用元 football.london、和訳者 cheren

誰が監督だろうが、結局アザールに落ち着く

かつてはアントニオ・コンテが担当し、今はマウリツィオ・サッリであるが、誰が監督であるかは問題ではなく、チェルシーの攻撃陣に脅威を付け加えるために、エデン・アザールには多くのニーズがある。

ニューカッスル戦での冒頭の最初の 1分に MF マット・リッチーが彼の足首をつかんだことにより、ベルギー代表の出場は本当に危険にさらされた。

その後アザールが治療を必要とし、彼がそれを乗り越えて試合に戻るのにかなりの時間がかかっており、ウィリアンも 10分以上ウォームアップしていた。

しかし、彼はそれを振り払い、ブルーズを相手陣内へ攻め至らせ、ペナルティの獲得要因となるマルコス・アロンソへのきれいなボールをパスし、ペナルティ・キックそのものをゴールへ沈めた。

彼が試合全体で受けたキックと打撲の量はほとんどの選手を無言たらしめ、苦痛や不満の声も聞くことは無かった。

しかし、アザールはそれを乗り越えて試合に影響を与え、最終的にブルーズに勝利を呼び込んでいる。

引用元 football.london、和訳者 cheren

ルーベン・ロフタス=チーク

ルーベン・ロフタス=チークは今日、ベンチに戻ってきたかもしれないが、MF の序列で現在彼が何番目であるのかははっきりしている。

ロス・バークリーがクロアチア人のバックアップのように見えるのに対し、マテオ・コヴァチッチがその役割の第一人者だと考える必要がある。

それなら、ロフタス=チークはどこでプレーさせるのだろうか?

彼はカップ戦やおそらくヨーロッパリーグからも離れ、サッリのファーストチームのプランには含まれていないようだが、彼の直面する未来にとっては本当に大きな兆候ではない。

サッリはこの 22歳の選手を少なくとも 1月までブルーズに帯同させると述べているが、しかしそれは彼がプレミアリーグで多くの出場機会を確保することを意味するわけではない。

それは間違いなく彼と一部のチェルシーファンに打撃を与えるだろう。しかし、もし誰かが彼よりもチームにフィットしているのなら、それはイングランド代表の現実を示している。

引用元 football.london、和訳者 cheren

ダヴィド・ルイス

オン・ザ・ボールで考えれば、おそらくダヴィド・ルイス以上にチェルシーの CB でより良い DF はないだろう。

技術的にも才能があるので、彼は守備的 MF としてプレーすることもできる。しかし、彼のキャリアの中で彼のディフェンス力には常に疑問があり、彼はニューカッスル戦でも彼らの恐怖を和らげるようなプレーはあまりしなかった。

DF デアンドレ・イェドリンのオリビエ・ジルーに対するファウルが見逃されたことが要因となり、FW ホセルのゴールを築いたことは間違いないかもしれないが、ブラジル人のディフェンスは貧弱だった。

彼は、ニューキャッスルのサブ FW によるダイレクトでの良質のタッチのシュートに対して競り合わずに停止するように見えた。

GK ケパのゴールセービングにも疑問符がついていたかもしれないが、 このルイスに対する指摘はこれが初めてではない。

しかし、チェルシーが勝っている間に何かを変える理由はなく、ブラジル人は間違いなく次のボーンマス戦での地位を維持するだろう。

引用元 football.london、和訳者 cheren

コンテの最初のシーズンへの回帰

サッリのチームをかつてのコンテの下で見たものと比べるものは殆ど無いが、今のサッリのチームにも見られるようなものが 1つ挙げられる。

プレミアリーグのタイトルを獲得したシーズンでは、ブルーズは勝点 1 で終わってしまうように見えた試合でも底力を発揮し、彼らはシーズンを通して勝点 3を勝ち取ってきた。

今のところ、対アーセナル戦、対ニューカッスル戦といったサッリの 2つの公式戦では、過去のシーズンではほとんど見られなかった土壇場での勝負強さを見せ、両方の試合で彼らは勝利を手に入れた。

これは、チェルシーがコンテの初年度のタイトルを獲得するための重要な要素だった。ブルーズが元イタリア人監督の初年度の状態を維持できるならば、それは確かだ。

引用元 football.london、和訳者 cheren

先日のニューカッスル戦では、アザールの PK と相手のオウンゴールにより 2-1 で勝利を収めましたが、失点したシーンでのダヴィド・ルイスの拙い守備や GK ケパの対応が懸念事項として挙げられています。

また、この試合ではベンチ入りを果たしたものの出場できなかったルーベン・ロフタス=チークの今後の出場機会を憂う意見が挙がっているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)