ルーベン・ロフタス=チーク、クラブの移籍拒否の方針に激怒する

Chelsea

画像出典元 101 Great Goals

プレミアリーグ 3試合でわずか 22分の出場に留まっているルーベン・ロフタス=チークは、今夏のレンタル移籍での放出を拒否したクラブの方針に怒っているようです。

 

引用記事の和訳

ルーベン・ロフタス=チークとチェルシー

欧州の今夏の移籍ウィンドウの期日は後わずか数日を残すのみだ。

欧州クラブは 9月 1日までにチェルシーからルーベン・ロフタス=チークとサインすることができるだろうか?

ルーベン・ロフタス=チークのチェルシーでの継続的なキャリアは、水曜日の The Sun の報道により疑惑にぶち込まれている。

タブロイド紙は、スタンフォード・ブリッジでの彼の現在の状況にロフタス=チークが怒っていると主張している。

今までのところ、ロフタス・チークは今シーズンわずか 22分の出場にとどまっている。

引用元 101 Great Goals、和訳者 cheren

シャルケ 04 と AS モナコ

The Sun 紙は、シャルケ 04 と AS モナコの両クラブがロフタス=チークにレンタル移籍での獲得を検討していると発表した。

しかしチェルシーは、このイングランド代表が今夏にクラブを離れることを拒否している。

The Sun は紙面で読者に以下を主張している。

「チェルシーがモナコとシャルケからのレンタル移籍のオファーを拒否したことにより、ルーベン・ロフタス=チークが激怒している。

ロフタス=チークにはどこにも行かないと語ったブルースは、ヨーロッパからの要請をすべて取り下げた。」

チェルシーには中盤のオプションが充実している。

チェルシーは今夏に MF のジョルジーニョとマテオ・コヴァチッチを補強したのに加え、ダニー・ドリンクウォーター、ロス・バークリー、セスク・ファブレガスといった選手達が全員クラブに残留している。

そして、チェルシーが今シーズンの 3試合に全て勝利したことにより、マウリツィオ・サッリがすぐにロフタス=チークをファーストチームに選抜するとは考えづらい。

引用元 101 Great Goals、和訳者 cheren

チェルシーの次の対戦相手、AFC ボーンマス

チェルシーは土曜日にホームのスタンフォード・ブリッジに AFC ボーンマスを迎え、更に勝点 3ポイントの上積みを狙う。

ボーンマスのこれまでの戦歴は驚きをもって受け止められており、新しいシーズンに上手く入ることができている。

チェリーズはここまでのリーグ戦で無敗のまま、2勝 1分けの成績を残している。

先週末のボーンマスは、エバートン FC と 2-2 で引き分けている。

今週末のスタンフォード・ブリッジでは、レフリーとしてリー・メイソンが担当する予定となっている。

引用元 101 Great Goals、和訳者 cheren

 

既に英国の夏の移籍市場が閉じて 3週間、もうすぐ欧州の移籍期間も終了する現状で、ヨーロッパクラブがルーベン・ロフタス=チークのレンタルでの獲得をオファーしていたようですが、チェルシーはそれらを尽く拒否したようです。

少なくとも、チェルシーは今冬までロフタス=チークを鳥かごの中へ仕舞い込むことを決めたようで、その方針に彼が激怒していると英タブロイド紙が報じているようです。

 

コメント