チェルシーVSボーンマス戦の先発予想

画像出典元 Daily Star

今週末の AFC ボーンマス戦におけるチェルシーのスターティングラインナップが予想されています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーは土曜日の午後にホームのスタンフォード・ブリッジで AFC ボーンマスと対戦する。

ブルーズは今週末の試合でも完璧なスタートを切って欲しいと思っているが、チェリーズも負けず劣らず好成績を収めている。

プレミアリーグ開幕後 3試合で勝点 7ポイントを荒稼ぎしたエディ・ハウ監督は、昨シーズンのスタンフォード・ブリッジで当時の監督アントニオ・コンテ率いるチェルシーに対して 3-0で勝利を収めた試合の再来を狙っている。

しかし、今夏はコンテに変わってマウリツィオ・サッリが率いているチェルシーは、今や全く異なるチームとなっている。

週末に向けてチームを選ぶ中で、サッリがつぎに解決すべき問題は無く、万全の状態である。

MF 陣に目を向ければ、セスク・ファブレガスは、プレシーズンで負った膝の負傷からまだ復帰していない。しかし仮に彼が完全にチームにフィットしていたとしても、スターティングメンバーに名を連ねることはまず無いだろう。

ルーベン・ロフタス=チークとロス・バークリーは中盤の先発を争っているが、エンゴロ・カンテ、ジョルジーニョ、マテオ・コヴァチッチのトリオがファースト・チョイスのように見える。

ウィリアンは 3トップの一角に戻ることを望んでいる。ペドロは今最も攻撃されやすく、エデン・アザールは先週の試合でスターティングメンバーに戻ってきた。

オリビエ・ジルーはアルバロ・モラタに代わって CF ポジションを獲得する可能性もあるが、モラタはおそらくまだ優位を保っている。

ハウ監督は、複数の解決すべき問題を抱えている。

DF ディエゴ・リコと MF ジェフェルソン・レルマは水曜日に行われたカラバオ・カップでの MK ドンズ戦の勝利に貢献し、リーグ戦での出場機会を期待している。

しかし左 SB のリコはキーマンの DF チャーリー・ダニエルズとレギュラー争いを繰り広げており、MF のレルマがスターティングメンバーとなる可能性が高い。

FW リス・ムセは MK ドンズ戦でゴールを決めているが足首に負傷を負っており、チェルシー戦には出場できないだろう。膝の負傷中の MF ジュニア・スタニスラスと、ハムストリングを痛めている MF マーク・ピューも同じくプレーできない。

MF デイビッド・ブルックスは MF ジョーダン・アイブに代わってポジションをキープするだろうが、FW ジャーメイン・デフォーは FW カラム・ウィルソンと FW ジョシュア・キングを優先するため現時点でチームに入らないだろう。

ハウは 4-4-2でプレーする傾向があるが、ディフェンスを重視するためにストライカーの一人をより深い位置に配置するかもしれない。

彼は昨シーズンのいくつかのビッグ・ゲームで大胆なフォーメーションを採用しており、この試合では 3バックを採用する可能性もある。

引用元 Daily Star、和訳者 cheren

先発予想

チェルシー ラインナップ(4-3-3)アリサバラガ; アスピリクエタ、リュディガー、ルイス、アロンソ; カンテ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ; ペドロ、アザール、モラタ

ボーンマス ラインナップ4-4-1-1: ベゴヴィッチ; スミス、S・クック、アケ、ダニエルズ; ブルックス、サーマン、レルマ、フレイザー; キング; ウィルソン

掛率 : Chelsea 2/7, Draw 9/2, Bournemouth 9/1

画像出典元 Daily Star

画像出典元 Daily Star

昨シーズンのスタンフォード・ブリッジで 0−3 と不覚を取った AFC ボーンマス戦のリベンジマッチに位置付けされる試合で、英現地メディアが両チームのスターティングメンバーを予想しています。

掛率はボーンマスが勝つと 10倍の倍率が設定されています。引き分けでも 5.5倍となっており、流石にチェルシーが 1.3倍と非常に優位な予想とされています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)