チェルシー FW ジルー、モラタとの競争の健全性を語る

Chelsea

画像出典元 sportskeeda

最近のチェルシーのリーグ戦でモラタのバックアップとしての起用が目立つ FW オリビエ・ジルーが、モラタとのストライカーポジションの競争についての健全性をコメントしているようです。

 

引用記事の和訳

オリビエ・ジルーは、チェルシーの現在のフォーメーションで唯一のストライカーポジションを争う相手であるアルバオ・モラタとの関係は健全だとコメントしている。

土曜日のボーンマス戦でブルーズが2-0で勝利した試合で、モラタは 61分にジルーと交代するまでに 2つのシュートと 16回のボールタッチを記録している。

ロシア・ワールドカップ優勝メンバーだったジルーは、1月にアーセナルからチェルシーへ移籍してから、わずか 6回しかプレミアリーグの先発出場を果たしていない。しかし、彼はマウリツィオ・サッリの期待に沿って試合に貢献できると確信している。

「モラタとの競争は健全である」と彼は Telefoot に対して語った。

「昨年、私は自分の場所を勝ち取った。今年はそうならない理由はない。

「最も重要なことは、あなたが私に電話をするときには決定的であることだ。私は明らかに『ワールドカップ後の』休憩後にもっとプレーする時間を持つことを望んでいる。」

スタンフォード・ブリッジに合流してからの彼のスタートの物足りなさを考えると、ジルーのクラブでの長期的な将来に関する疑問が浮かぶ。

チェリーズ戦での勝利後に彼の意図について尋ねられたとき、31歳のジルーはシーズンの終わりに向けて決断を下すことを提案した。

そして彼は、「まだ 1年の契約と、おそらくもう 1年がある」と付け加えた。

「クラブの経営陣が私にそれを与えるのは、むしろ好意的に感じた。

「先のことはまだ分からないが、4月から 5月にオファーの問い合わせ先を開設する予定だが、いかなる可能性も排除するものではない」と述べた。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

 

チェルシー FW オリビエ・ジルーは、今シーズンのリーグ戦ではワールドカップ休暇によりチームの合流が遅れたからか、同じくストライカーポジションを争うアルバロ・モラタのバックアップとして試合の後半からの出場が目立っています。

今シーズンの実績としては、モラタはアーセナル戦でマークした 1ゴールに対し、ジルーは今のところ無得点であり、ジルーはロシア・ワールドカップでも無得点に終わっています。

このまま今シーズンはモラタのサブとしての起用となるのか、サッリの期待に応えてモラタの序列を超えるのか、これからのジルーとモラタのポジション争いも今シーズンの見どころの一つとなりそうです。

 

コメント