ロンドンでの生活への順応を主張する史上最高額GKケパ・アリサバラガ

画像出典元 talkSPORT

今夏の移籍市場で史上最高額の移籍金によりチェルシーに加入した GK ケパ・アリサバラガは、莫大な移籍金に過剰なプレッシャを感じていないとコメントしているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

23歳の GK は、アスレチック・ビルバオからスタンフォード・ブリッジへ移籍することは「重要な賭け」だと語った。

チェルシーの新しい GK ケパ・アリサバラガは、史上最高額の移籍金により移籍したものの、そのプレッシャーを感じていないという。

スペイン人は、ブルーズが今夏の移籍市場でアスレチック・ビルバオから 7160万ポンド(約102億円)という驚異的な金額で買収したことにより、サッカー界で最も高価な GK になった。

23歳のアリサバラガは、アスレチック・ビルバオのサン・マメス・スタジアムからスタンフォード・ブリッジへ活躍の場を移すことについてギャンブルだったことを認めている。しかし、彼は既にロンドンでの新しい生活にうまく適応していると主張している。

「支払われる移籍金がどんどん高くなっていたが、私はそれを市場の結果として見ている。

「私は新しい生活、新しい都市、新しいチームににもう慣れている。ピッチでうまく始められればポジティブにになることができ、それはすべてをより簡単にします。

「私はここに価値があると感じたし、ここ数年で多くのスペイン人がここで重要なことを成し遂げている。そして、それは私たちのような選手がここでプレーするのに役立っている。

「チェルシーは近年、チャンピオンズ・リーグ、ヨーロッパ・リーグ、プレミアリーグで優勝した素晴らしいクラブだ。また、それは素晴らしい選手が所属するチームだ。

「これは重要な賭けであり、私はこの選択を取ることができて嬉しく思っている。 私はそれを楽しんでいる。」

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)