MF セスク・ファブレガス、ボールを使ったトレーニングを開始

画像出典元 The Statesman

今夏のプレシーズン中に膝の負傷によりトレーニングを中断していたセスク・ファブレガスが、ボールを使ったトレーニングを再開したようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーの MF セスク・ファブレガスはボールを使ったトレーニングに戻った。

31歳の選手は、ここ数週間謎の膝の怪我を負っていた。

チェルシーは MF のセスク・ファブレガスに大きな負傷を与え、過去数週間、謎の膝の問題で脇役になってしまったが、 ついにボールのトレーニングに戻る。

2018年の FIFA ワールドカップのスペイン代表 23人から漏れたファブレガスは、新しいチェルシーの監督マウリツィオ・サッリのもとで確実なプレシーズンを過ごしていた。しかし、2018/19 シーズンが始まる直前に膝の負傷を負ってしまった。

サッリは、ファブレガスの負傷が深刻ではなかったことをファンに保証し、2週間後にトレーニングに復帰することを期待していたが、同時にそれは奇妙な痛みだったと付け加えた。

これまでのところ、ファブレガスはチェルシーの 4試合を欠場し、ブルーズは本当に彼を逃していなかったが、
それにもかかわらず、31歳の選手は良い選択と言える。

クラブコーチが彼のペースを見せてくれるビデオを紹介している。(本投稿最後の Instagram 引用で紹介)

今夏に加入した ジョルジーニョとマテオ・コヴァチッチは、サッリの 4-3-3 システムにおける中盤のスターターの競争を激化させている。

エンゴロ・カンテとジョルジーニョはファーストチョイスとして当然外すことはできず、3人目の中盤の最後の場所を目指して、コヴァチッチ、ルーベン・ロスタフ=チーク、ロス・バークリー、ファブレガスといった選手が鎬を削る。

もちろん、ファブレガスは、エデン・アザールやアルバロ・モラタと並んでさらに発展することは可能だが、不幸にもサッリがウィングとしての起用で遅い選手を使うことは考えにくい。この場合、サッリはペドロやウィリアンといった選手を起用するだろう。

ブルーズは、リーグでリバプール FC、そして驚きのパッケージであるワトフォード FC と勝点で並ぶ首位に位置している。チェルシーは 9月 15日にカーディフ・シティ FC をホームのスタンフォード・ブリッジに迎える。

ファブレガスのチームメイトの多くは、現時点で代表チームの義務により国外に遠征中であり、来週には西ロンドンに戻る。

引用元 The Statesman、和訳者 cheren

View this post on Instagram

❤️⚽️

Cesc Fàbregasさん(@cescf4bregas)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)