マウリツィオ・サッリ、自身のキャリアについて希望を語る

画像出典元 TEAMtalk

昨シーズン終了後に SSC ナポリ監督を解任されたマウリツィオ・サッリ現チェルシー監督が、自身のキャリアを終えるときの希望を語ったようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

SSC ナポリのファンであるマウリツィオ・サッリは、ナポリのクラブで彼のキャリアを終えることが彼の希望であると語っている。

59歳のサッリはナポリを離れ、今夏にチェルシーへ監督として入団した。そしてプレミアリーグの 4試合で 4勝を挙げ、100%の勝率を残しているイタリア人にとっては
最高のスタートと言える。

元エンポリの監督でもあったサッリは、アントニオ・コンテが解雇されてから 24時間以内に 3年契約を結んだが、彼はテレビでのニュース報道で初めて彼自身の解雇を知ったと語った。

彼は Il Mattinoに語った。「それは事実で、私はテレビでそれを見ることによってもうナポリのコーチではなくなったことが分かった。

「それは公正だが、私は疑問を抱いていた。契約には条項があり、それは私が求めていたものではなかった。

「リスペクトされたタイミングではなかった。ただ、今は後任のアンチェロッティが私があと一歩まで近づいて届かなかった目標を達成できることを願っている。

「それは、私の夢、チームと街全体の驚異的な物語、夢の冠であっただろうし、もちろん、私は毎晩ここで瞬間を再現している。しかし、スポーツをした人は、ホテルでスカッデットを紛失したことを知っている。

「私はナポリのために、ファンのために望む。ナポリはスクデットを獲得する価値がある特別な都市であり、私はナポリのファンだ。

私はカルロがコーチになったことをうれしく思っている。彼はどこででもただ勝っただけではない。しかし、それはいつも誰もがうまくやっている。人間性と専門性が並外れていることを意味する。」

選手たちに最終的なさようならを言う機会を得たかどうか尋ねられたとき、サッリは答えた。

「いや、解任はあまりに素早く起こりすぎたため、選手達に別れを告げることはできなかった。しかし、私は今すぐそれをして、彼らに言いたい。

『君たちは並外れた選手だ。私たちが触れたその夢に到達することができる、それを維持してほしい。』

「ナポリでのキャリアを終えることが目標かもしれない」

引用元 TEAMtalk、和訳者 cheren

チェルシー新監督のマウリツィオ・サッリが、将来キャリアを終えるときにはナポリで迎えたいという希望を明らかにしたようです。

昨シーズンまで 3年間 SSC ナポリを率いてセリエ A スクデットに後 1歩まで迫りながらユベントス FC の牙城を突き崩せなかったサッリ監督ですが、やはりナポリに対しては並々ならぬ思い入れがあるようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)