ロイ・ホジソンが狙う今冬でのルーベン・ロフタス=チークの獲得

画像出典元 Evening Standard

ロシア・ワールドカップでの代表選出や、昨シーズンでのリーグでの活躍により、今夏のチェルシーでの飛躍を期待されたチェルシー MF ロフタス=チークは、マウリツィオ・サッリの下で出場機会が得られない状態が続いています。

昨シーズンのレンタル先となっていたクリスタル・パレス FC は、そんなロフタス=チークの今冬での再獲得を虎視眈々と狙っているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシー MF ルーベン・ロフタス=チークが 1月にリリースされた場合、クリスタル・パレス FC にぜひとも引き戻したいとロイ・ホジソン監督は語った。

多くのファンが、ロフタス=チークのスタンフォード・ブリッジでの飛躍的な年になると期待した。しかし、マウリツィオ・サッリの下でプレーメーカーは出場機会が与えられず苦労している。

ロフタス=チークは、クリスタル・パレスの本拠地セルハースト・パークで充実したレンタル期間を過ごし、西ロンドンに戻った。その後、ガレス・サウスゲート監督にロシア・ワールドカップのイングランド代表として選出され、代表チームの場所を確保した。しかし、彼は今夏にレンタルで加入したマテオ・コヴァチッチと復活したロス・バークリーの煽りを受け、昨年のシーズンよりもさらに秩序を崩してしまった。

サッリは今夏での移籍を却下した後、ロフタス=チークに戦術的な改善をするよう指導している。しかし、何も変わらなかった場合、来冬 1月にロフタス=チークがもう一度レンタルで移籍するように姿勢の変化が生じるかもしれない。

もしそうなら、ホジソン監督は興味があるだろうか。

「私は、潜在的なロフタス=チークへの再署名の可能性について、この質問に前に何度も対応した。この質問に私は
答えることができない。あなたが見ているものは何か?私はそれをどのように見ることができるのか? 彼はチェルシーの選手だ」とホジソンは語った。

「彼が 1月に移籍交渉が可能になるのかは全くわからない。一体どうすればいいのか」

「来年 1月にルーベン・ロスタフ=チークが移籍可能となった場合にどうするべきか質問があった場合、クリスタル・パレスは彼を再びレンタルすることに興味があるだろうか?」 それなら答えは「はい」だ。」

引用元 Evening Standard、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)