インターナショナル・ブレイク中のマウリツィオ・サッリの驚くべきワークロード

Chelsea

画像出典元 Give Me Sport

国際親善試合期間によりリーグが中断している間のマウリツィオ・サッリの生活がメディアにより紹介されているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーとマウリツィオ・サッリは試合を天国のように見せている。

アントニオ・コンテの下で停滞の季節の後、元 SSC ナポリの監督はブルーズを亜鉛メッキしたようだ。

サッリがもたらすエキサイティングなプレースタイルはファンを獲得し、選手たちはクラブでこれまで以上に幸せに見える。

エデン・アザール、マルコス・アロンソ、エンゴロ・カンテ、ジョルジーニョ、ペドロ・ロドリゲスは全員調子がよく、チェルシーは現在 4試合で最大得点を挙げている。

彼らがタイトルに挑戦できるかどうかはまったく別のことであるが、彼らはリーグのトップ4に踏み込んでいる。

そして、サッリがインターナショナル・ブレイクにしていたことをファンが聞くと、2018/19 シーズンに関して彼らの楽観主義は増加するだろう。

Independent から報告されたように、イタリア人監督はチェルシーの今後の対戦相手のビデオを見て一日に13時間を費やしていた。

「23日間で 7試合を行わなければならないので、仕事をしなければならなかった。カーディフ FC と PAOK テッサロニキ、ウエストハム FC、リバプール FC の試合を多く見て仕事をしなければならなかった。

「時にはトレーニング場で仕事をしていることもあるし、時には私の家で働いていることもある。

「それらは長い時間だった。しかし、それは私の仕事をこなすための喜びでもある。私はこれを仕事のように考えることができない。12時間か 13時間だが、私にとってはうまくいかないのだ。」

サッリはまた、彼が 3ヶ月感この国に住み着いた後、サッリが自分の家を買ったことを説明した。

「今のところは、私はここにとどまるのがとても嬉しい」と彼は付け加えた。

「ここには非常に大きな庭があるので、犬はとても幸せだ、私は本当にとても幸せだ。私は自宅のように感じる。 私は自宅を感じる。」

「ここから 5マイル離れたところに家がある。 サリーという地名は、私の名前に似ている。」

サッリが長期的にここにいると感じるのではないだろうか。

引用元 Give Me Sport、和訳者 cheren

 

コメント