チェルシーが冬の移籍市場でSSCナポリのDFエルセイド・ヒサイの獲得を検討すべき理由

Chelsea

画像出典元 Soccer Souls

プレミアリーグ負け無しの 5連勝を飾っているチェルシーについて、メディアの一つは冬の移籍に向けた DF の補強を提案しているようです。

 

引用記事の和訳

Why Chelsea should go all out to sign Elseid Hysaj in January
Why Chelsea should go all out to sign Elseid Hysaj in January According to a report from the Express, Chelsea were interested in signing Napoli full-back Elseid...

Express からのレポートによると、チェルシーは夏の移籍期間中に SSC ナポリのフルバック、エルセイド・ヒサイにサインすることに関心を持っていたことが明らかになっている。

チェルシーの新しい監督マウリツィオ・サッリは、ジョルジーニョを元クラブから連れ出した後、ヒサイもスタンフォード・ブリッジへ連れて行きたいと思っていた。しかし、その動きは実現せず、ヒサイはナポリに留まった。

現在は移籍市場は終了しているが、チェルシーは来年 1月にアルバニアの DF にサインすべきなのだろうか?

チェルシーはサッリの下で新しいシーズンをスタートして最初の 5試合全てに勝ち、ブルーズは 100%スタートを達成してプレミアリーグテーブルの最上位に君臨している。

サッリの前身であるアントニオ・コンテの下では、チェルシーはビクター・モーゼスを右翼、マルコス・アロンソを左翼に配置する 3-4-3 フォーメーションを採用していた。 セサル・アスピリクエタはコンテによって 3バックラインで使用されたが、サッリはアスピリクエタを右 SB として展開する 4-3-3 にフォーメーションを変更した。

アスピリクエタはプレミアリーグで最も安定したパフォーマンスを発揮する選手の 1人であり、チェルシーの最近の成功の鍵を握っている。スタンフォード・ブリッジで切羽詰まったときはいつも、監督は苦しみから逃れるために彼に頼っていた。そして、スペイン人は決して失望しない。

しかし、29歳のアスピリクエタは、同じ強度で 90分間サイドを上下に爆撃するエンジンを持っていない。そのことを念頭に置いて、サッリはヒサイへの関心を 1月に再燃させなければならない。

ヒサイは多機能なフルバックであり、右バックと左バックの両方に適応でき、4バックの両サイドでも快適で安定している。アルバニア人はまさにサッリが好むようなフルバックで、前衛的でもありながら、多くの助力を提供する非常に活発な選手でもある。

ヒサイはすばらしい技とスピードを持つ卓越した DF であり、彼は相手 DF を恐怖させるためにチョイスされる。 さらに、彼は CB としても非常に簡単にプレーすることができるが、彼の経験に基づいた予測は彼のプレースタイルの大きな特徴の 1つとなっている。

偉大なペースとエネルギーを持つ高度にインテリジェントなプレーヤー、ヒサイは長年にわたりブルーズの効果的な攻撃の足がかりになることができる。

Daily Star によると、チェルシーは冬の移籍に向けてヒサイへの関心を持ち続けている。 約 2500万ポンド(約38.6億円)のアルバニア人右 SB は、2021年 6月まで SSC ナポリと契約を結んでいる。

ヒサイはチェルシーにとって大きなサインになるだろうし、セリエA の能力のあるプレーヤーであることが証明されている。さらに、サッリのもとでプレーしてきた彼の年齢を考えれば、改善の余地は十分ある。

引用元 Soccer Souls、和訳者 cheren

 

コメント