マウリツィオ・サッリ、アザールのギリシャ遠征欠場を説明する

画像出典元 Express

本日未明に開催されるチェルシーのヨーロッパ・リーグ初戦について、マウリツィオ・サッリ監督はアザールを遠征メンバーから外したことについてコメントしたようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーは、アザールの疲労のためと報じた後、PAOK テッサロニキとのヨーロッパ・リーグ開幕戦のメンバーから除外している。

ブルーズは、ベルギー代表としてロシア・ワールドカップの最後まで行動してイングランドを破り 3位で終えたスター選手を慎重に扱っている。

アザールはチェルシーの最初の 2試合をベンチスタートで迎えたが、最後の3 試合をスターティングメンバーとして出場してから休息をとっている。

監督のマウリツィオ・サッリは、「彼はベルギー代表戦後のカーディフとの試合後に少し疲れていたのでコブハムに滞在し、トレーニングを受けて休息する方が良いと思った。」と語っている。

ダヴィド・ルイス、マテオ・コヴァチッチ、エメルソン・パルミエリも同じくイングランドに残っている。

しかし、競争はサッリに選手への出場機会を分かち合う機会を与えるだろうが、彼はイングランドのルーベン・ロフタス=チークにはギリシャのPAOK 戦での試合時間を与えることの保証はできないとしている。

サッリは以下のようにコメントしている。

「ロフタス=チークとても良い選手だが、明日彼のためのスポットがあるのか​​どうかはわからない。もちろん、将来は彼のためのスポットがあるだろう。

「我々がグループリーグで勝つためには、明日の試合が最も難しい試合で最も重要だ。

「シーズンの最初の部分では、同じ選手がプレーすることが非常に重要だ。

「明日は 4人、5人の選手を変えなければならないが、今シーズンは 11人の選手を変えることは不可能だ」

MF の ウィリアンに対しては次のように付け加えた。

「私たちのプレースタイルでタイトルの獲得が十分可能だと信じている。我々は順調にスタートし、この大会にも勝つことを望んでいる。」

サッリは PAOK について、昨シーズンはギリシャの準優勝者で「非常に良いチーム」だがピッチも懸念していると語った。

ギリシャ当局の助言を得て、ブルーズはこれまでにないほどの注意を払ってゲームを扱っている。ウェブサイトでも、サポーターへのメッセージで「すべてのサポーターが観戦に訪れるのはふさわしくない」と述べた。

もし彼らがこのメッセージを見逃していたとしても、彼らが将来のヨーロッパ遠征で彼らの適格性の面でファンに影響がないと感じさせることを強調するためだ。

サポーターはまた、トンバ・スタジアム以外の他の旅行は許可されず、PAOK が決めた指名されたコーチだけを遠征させるように求められており、「空港、スタジアムの外、テッサロニキ市周辺でクラブの色を着用しないことを勧める」と述べた。

引用元 Express、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)