チームとしての機能不全を解消するためのカンテの使い方

画像出典元 football.london

スコアレスドローに終わった先日のウェストハム・ユナイテッド FC 戦でのチェルシーのチグハグさから、メディアがフォーメーション変更を提案しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

エンゴロ・カンテは、プレミアリーグのシーズンで難しいスタートを切った。それは彼のいつもの困難な要求と比較しても更にハイレベルであるが、その多くはフランス人がプレーするよう求められているポジションに起因している。

今年の夏、ロシア・ワールドカップで優勝したカンテは、守備的 MF の役割を果たしており、チームが頻繁に攻撃を仕掛けるための屋台骨だった。

しかし、今シーズン、彼はマウリツィオ・サッリから 3人の中盤の右にプレーするように求められており、しばしば自分自身がピッチを高く上げていることを見いだしている。しかし、彼にはあまりにも似合わない。

チェルシーも同様に綿密な準備を行っているが、ブルーズは時折、チームを崩壊させるために苦労する可能性がある。それはウェストハム・ユナイテッド FC 戦でブルースが膠着状態に陥ったことで明らかとなった。

もう一つの問題は、それがカンテのベストを得ているようには見えないということだ。ロンドン・スタジアムで苦労してゴールを目指したり、クロスを獲得しようとしているのを見た人は、それがまったく正しいとは思わないだろう。

カンテのベストをもう一度取り戻すには 2つの方法があるかもしれないが、それはフォーメーションの変更というシンプルな変更で達成できるかもしれない。

サッリは 4-3-3 のフォーメーションが大好きで、SSC ナポリでは成功を収めた。しかし、4-2-3-1 への変更は、カンテがより慣れ親しんでいるポジションでプレーし、エデン・アザールをオリビエ・ジルーに近づけることになるだろう。

この動きは、ペドロとウィリアンも使われることを意味する。攻撃的な強調はカンテをあまり前に進ませないかもしれないが、彼は防衛を固めるのを助けることができる。

あるいは、カラム・ハドソン=オドイにチャンスを与えて機能させるかもしれないし、より頻繁に回転する必要がある攻撃のプレイヤーやウィンガーの自由度が増す。

もちろん、マテオ・コヴァチッチ、ロス・バークリー、ルーベン・ロフタス=チークにとってのフォーメーションの変更は素晴らしいニュースではないかもしれない。しかしカンテは、最高のものを得るために必要なブルーズにとって非常に重要である。

4-3-3 がファーストチョイスかもしれないが、「プラン B」はブルーズにとっては良い出来事かもしれないし、水曜日と土曜日の午後にリバプールとの別の膠着状態を避けるために使われるかもしれない。

引用元 football.london、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)