ゾラはチェルシーでのエデンの更なる飛躍を信じる

画像出典元 FourFourTwo

今シーズンからチェルシーの助監督となりマウリツィオ・サッリを支えるジャンフランコ・ゾラは、サッリ・ボールがエデン・アザールを更に飛躍させると信じているとメディアに語ったようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

ジャンフランコ・ゾラは、マウリツィオ・サッリのチェルシーでの大胆なシステムが、エデン・アザールのレベルを上げるための完璧な基盤を提供できると考えている。

チェルシーのウィンガーは、最近のリーグ戦 4試合の出場で 5得点を記録し、また月曜日にモハメド・サラーやネイマールを差し置いて 2018 FIFPro World XI に選出された。彼は今年のワールドカップでベルギーの3位躍進に貢献した。

アザールは、シーズン開始当初からサッリが注意を払って試合起用されてきており、最初のプレミアリーグ 2試合での途中出場に加え、先週の PAOK とブルーズのヨーロッパ・リーグ初戦では、遠征メンバーから外れている。

ゾラは、水曜日に開催されるリーグ杯におけるリバプール戦に出場するメンバーとなる 27歳の選手にまだ改善の余地があり、サッリの攻撃、ポゼッションベースのシステムが彼に理想的なフレームワークを提供できると考えている。

「エデンはワールドカップですばらしい実績を成し遂げたと思う。彼はもっと良くなっていく選手だ。私は自分の考えでは彼の能力が十分に発揮されているとは思っていない」とゾラは語った。

また彼は、ルーベン・ロフタス=チーク、アントニオ・リュディガー、ペドロはレッズ戦に参加することはないと付け加えた。

「彼は自身のスキルをより良い方法で使うことができると信じているし、私は本当にそれを信じている。私は今年、マウリツィオのチームが彼の能力を最大限引き出すために彼を助けると思う。

「私たちは幸福でないようには見えたくない。エデンについてはとても幸福だ。プレイするにつれてより多くの経験を得ることができるし、より長い時間ハイレベルにプレイできる。彼はもっともっと良くなる。より良い、より効率的な方法でエデンの能力を使用する方法を知っている。これは私が意図していたものだ。

「『改善』は彼自身が行うべきプロセスだ。もちろん、ピッチでより効果的な方法を提案しようと考えている。

「我々が目指す方針は敵陣でのポゼッションを増やそうしようとしていることから、彼に多くの利益をもたらすだろう。我々は彼がゴールを目指してより多くのボールに近づくほど、私達は彼がゴールマウスの周りで彼をもっと効果的にすることができる。

ガリー・ケーヒルは今シーズンは 1回しか出場しておらず、よりレギュラーとしての起用を求めてチェルシーを去らなければならないかもしれないと認めた。ゾラはケーヒルの懸念に共感し、それが必然的に来るときにチャンスを掴むよう促した。

「彼がプレーするかどうかは、『リバプール戦に対する』彼の将来についての影響ではない」と、イタリア人は語った。

「彼が動揺していることは完全に理解でき、私たちは彼を心配したい。これは彼が気にかけることを意味する。 しかし、彼は最高のプロフェッショナルであり、すべてを正しく行っている。

「彼はただ忍耐強くなる必要がある。彼が遅れて来て、ここにいた選手たちがとてもうまくいったからだ。 彼がチャンスを掴んで、それから彼を最善の方法で連れて行く」

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)