リーグ杯リバプール戦で学んだ 3つの事項

LIVERPOOL, ENGLAND - SEPTEMBER 26: Alvaro Morata of Chelsea battles for possession with Xherdan Shaqiri of Liverpool during the Carabao Cup Third Round match between Liverpool and Chelsea at Anfield on September 26, 2018 in Liverpool, England. (Photo by Jan Kruger/Getty Images)

画像出典元 The Chelsea Chronicle

2−1 の逆転勝利を収めたカラバオ・カップのリバプール戦から、エデン・アザールの活躍や若手選手起用、アルバロ・モラタの活用法の 3つの事項について現地メディアが纏めたようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーはリバプールを打ち負かして返り咲き、カラバオカップの第 4ラウンドに進む。主なレッスンは次のとおり。

1. リバプール 1-2 エデン・アザール

この勝利は、サッリのシステムやチームワークとは一切関係が無かった。エデン・アザールには全幅の信頼が寄せられる。0-1 のビハインドで、彼の放ったフリーキックは、DF エマーソンの急所をえぐるゴールの起点となった。2点目のゴールは、すべて彼自身の仕事だった。プレミアリーグでは、おそらくアザールがベストプレーヤーだろう。

2. ハドソン=オドイとアンパドゥの除外は意味をなさない

サッリのプレースタイルや彼の出した結果について不平を言うことはできない。しかし、これらの要因は彼の采配の一部に過ぎない。もう一つはクラブの長期的な健康状態だ。

ハドソン=オドイやアンパドゥなどの若い才能はクラブの未来だ。サッリにはガリー・ケーヒルやビクター・モーゼスといった選手達よりも彼らの出場時間の確保にもっと興味を抱くべきだ。

ダニー・ドリンクウォーターが国内リーグやヨーロッパ・リーグのメンバーから各々外されたときは、誰も見ていなかった。したがって、ケーヒルやモーゼスを起用し続けて若い誰が来年中に売却されるのは異様としか言いようがない。

3. アルバロ・モラタにはサポートが必要だ

確かに、モラタはうまくいっていない。しかし、1つの主な問題は、誰も中盤からモラタを越えて走っていないということだ。これは、彼がボールを受け取るとすぐに、彼は常に彼を取り囲む 3人の DF にマークされてことを意味している。

ロス・バークリー、ウィリアン、マテオ・コヴァチッチは素敵なサッカー選手だ。しかし彼らは相手のディフェンスラインから抜け出すことに関して脅威を与えることができない。

彼らはすべて、深い位置からプレーに関わりたいと思っている。チェルシーは厨房には数多くの料理人を揃えているが、フロントに立つモラタは心の中でただ一人孤独を感じている。

引用元 The Chelsea Chronicle、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)