マンチェスター・ユナイテッド、今冬のガリー・ケーヒルの獲得を検討中

画像出典元 The Hard Tackle

今シーズン、出場機会が激減している DF ガリー・ケーヒルについて、今冬の移籍市場での獲得を狙っているクラブが報道されていますが、その中にマンチェスター・ユナイテッドも入ったと噂されています。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

マンチェスター・ユナイテッドは、チェルシーから来年 1月に放出されるであろうガリー・ケーヒルの状況を監視しているクラブの 1つであると伝えられている。

The Sun の報道によると、マンチェスター・ユナイテッドはチェルシーでの出場機会の少ない端役のプレイヤーとなっているガリー・ケーヒルの状況を見守っているようだ。

イングランドの DF は、スタンフォード・ブリッジでの彼の将来が評価される予定であり、英 2部相当チャンピオンシップのアストン・ヴィラ FC やシェフィールド・ウェンズデイ FC も、1月の動向に着目している。

ケーヒルはチェルシーでの傑出したプレーを楽しんでおり、国内と欧州のサッカーが提供する主要なトロフィーを勝ち取った。しかしここ 1年間、32歳を超えて出場機会が激減している。彼は、2018年 FIFA ワールドカップでイングランドのサブとなる前に、まずチェルシーでのレギュラーの地位を失ってしまった。

2017年から 18年のシーズンの初期段階では、状況が悪いものから更に悪いものへと変わってきてしまったが、ケーヒルはマウリツィオ・サッリの下で、バックアップオプションとして考慮され、端役扱いの選手となっている。

来ることは難しいのだろうが、ケーヒルはチェルシーで自身の将来を考えるようになっている。それがマンチェスター・ユナイテッドを含むいくつかのクラブの関心を掻き立ててきた。

ジョゼ・モウリーニョは、チェルシーの監督としての 2度目の優勝時のキープレーヤーだったケーヒルの大ファンだ。しかし、マンチェスター・ユナイテッドからの関心は、モウリーニョが CB 陣を強化することを熱望しているにもかかわらず、少し驚きである。

32歳のケーヒルは明らかにキャリアの終盤にあり、既に年齢の兆しを見せていると考えられており、この動きは短期的な解決策に過ぎない。

モウリーニョが憧れていた DF ケーヒルがリーダーになれるのは確実だろうが、モウリーニョの無定見は、マンチェスター・ユナイテッドへ害を及ぼしかねない。

一方、シェフィールド・ウェンズデイとアストン・ヴィラは、チェルシーのスターの契約に関心を持っており、特にシェフィールド・ウェンズデイは、ケーヒルのキャリアでレンタルで所属していたこともあり、感傷的な動きを見ている。

しかし、ケーヒルはプレミアリーグに留まる意思があり、
マンチェスター・ユナイテッドは、彼の獲得に動こうとするなら有利になるだろうということを意味する。

チェルシーからの 1月の移籍は、ガリー・ケイヒルにとっておそらくファーストチームの出場機会獲得に引き続き苦戦を強いられると思われる。

もしマンチェスター・ユナイテッドが彼を強襲しまったら、あるいは他のクラブが彼の獲得に現れた場合、それは今見守られている事項となっている。

引用元 The Hard Tackle、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)