アザールがレアル・マドリードへ移籍するのにふさわしい 3つの理由

画像出典元 sportskeeda

プレミアリーグやリーグ杯で目覚ましい活躍を続けているエデン・アザールは、レアル・マドリードへの移籍の夢について公言しているのは周知の事実ですが、一部メディアは彼の移籍についての妥当性を報じているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーのスーパースターであるエデン・アザールは、ここ数週間、驚くほど華やかなパフォーマンスを見せており、これが彼に対する疑惑を植え付けているようだ。

実際、ベルギー人が現在プレミアリーグで最高の選手だということは、もはや疑いようがない。

シーズン開始前の数週間前に時間を巻き戻す。2018年 FIFA ワールドカップでは、アザールは 6試合で 3得点 2アシストを記録し、ベルギーが W杯準決勝に進出する立役者となり、衝撃的な活躍を見せた。

チェルシーでは不一致に悩まされたが、アザールの真の可能性は最終的に、新監督のマウリツィオ・サッリの有能な指導下で発揮されているようだ。これまでのリーグでの 7試合では、アザールは 6ゴールと 2アシストを決めており、現在はプレミアリーグにおけるゴールデンブーツのレースをリードしている。

今、アザールはレアル・マドリードでプレーするという願望を繰り返し表明している。ロス・ブランコスもアザールへの賞賛と愛情を秘密にしていない。

ここで、エデン・アザールが来年の夏にチェルシーからレアル・マドリードへ移籍するのに最適な 3つの理由を挙げる。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

アザールがピークに達し始めている

私たちは常に、アザールのプレーが素晴らしいことを認識してきた。彼はいくつかの爽快なプレーをみせているが、これほどの一貫性はこれまでになかった。

彼は今シーズン、プレミアリーグで既に今季 6得点を挙げている。これは、チェルシーでの 2015-16 シーズン全試合の43試合で得点したゴール数と同数である。

彼のチェルシーでの直近 2シーズン(2016-17と2017-18)では、全試合の 94試合で合計 34得点を記録した。アザールは今まさに爆発直前の状態のようであり、今シーズンのスタートから時間が経てば、彼がいつ沸騰してもおかしくないように見える。

彼が今シーズンの大半で今のパフォーマンスを維持することができるなら、私たちは彼がピークに達したことを知ることとなり、アザールを止めることはできないだろう。

このフォームでは、彼がレアル・マドリードでその頂に達するのを邪魔することを想像するのは難しい。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

レアル・マドリードが弱体化している

これはレアル・マドリードの状況を私たちにもたらす。当時、クリスティアーノ・ロナウドがチームを去った直後であり、チームには映画インターステラーで現れたブラック・ホールのような大きさの隙間が残っていた。

ガレス・ベイルはチームの豊かな才能の持ち主として彼の後を継ぐように宣伝されてきたが、それでもロナウドが果たした一貫したゴールを決める責任を負うことができるかどうかは疑わしい。

一方でアザールの到着は、ベイルとしても彼自身が一番うまくプレーする起爆剤となりうるし、アザールも今シーズンのようにたくさんの得点をマークするだろう。

レアル・マドリードでの注目は、現在、すべての目が人気を博す候補であるベイルに留まっているにもかかわらず、 アザールが一歩踏み込めばその注目が自分に集まる、まさに素晴らしい時間となるだろう。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

レアル・マドリードはアザールの夢を実現する舞台

UEFA チャンピオンズリーグ。それは、エデン・アザールがチェルシーで獲得できていない唯一のトロフィーである。一方、レアル・マドリードは 3連覇を果たしている。

両者は、ヨーロッパで最も切望されたタイトルに極端な愛情を持っている。よちよち歩きの幼児ですら、それを計算できる。

ロナウドがチームを去っても定期的にチャンピオンズリーグで勝利し続けるのであれば、レアル・マドリードは確かにビッグ・プレーヤーに投資しなければならないだろう。

一方、トロフィーは常にアザールからすり抜け続けている。現在チェルシーは UEFA ヨーロッパ・リーグのトロフィーに挑戦しているが、チェルシーでの夢の実現にはまだまだ時間がかかるだろう。

したがって、レアル・マドリードへの移籍は、チャンピオンズリーグ優勝を目標とするアザールにとって、はるかに良い可能性を表している。彼が自身のキャリアの次のレベルに到達するには、アザールは何かで勝つ必要がある。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)