ウィリアンやマルコス・アロンソに代わってプレースキッカーとなりうる2人の選手

画像出典元 football.london

今シーズン、プレースキッカーとしてウィリアンやマルコス・アロンソが活躍していますが、木曜日未明に行われるヨーロッパ・リーグ第2戦のヴィデオトン FC 戦での欠場が噂される彼らに代わって、この試合でフリーキックを担当しそうな選手についてメディアが予想しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

マウリツィオ・サッリには、ブルーズのフリーキックから直接得点を挙げることのできる多くの選手がいる。

エデン・アザールやセスク・ファブレガスも過去にクラブで得点しているが、チェルシーがしっかり狙える位置からフリーキックを蹴ろうとするとき、マルコス・アロンソやウィリアンが、通常キッカーとしての役割を担っている。

昨シーズン、8月のスパーズ戦で 2-1 での勝利に貢献した素晴らしいゴールを含め、アロンソは直接フリーキックから 3ゴールをネットに沈めた。

しかし、ウィリアンはクラブで 13ゴールを決めていたにもかかわらず、フリーキックを担当していなかった。

ウィリアンの最高のゴールは 2015/16 に遡り、彼の決めたゴールの 5つはセットプレーから生まれた。その後、12ヶ月後に 3点を決めている。

新しい監督はフリーキックをコントロールするオプションをたくさん持っているが、GK ウィルフレード・カバジェロはクラブのコブハム練習場でかなり頻繁にネットを見つける傾向がある別の2人のプレーヤーを示唆している。

「先週いくつかの良いフリーキックを決めたオリヴィエ・ジルー、そしてロス・バークリーについても語りたい。」彼はクラブの公式ウェブサイトでコメントした。

バークリーはしばしばプレースキックのスペシャリスト、DF レイトン・ベインズからそのポジションを奪い取るのはとてもむずかしいと感じていたが、彼は過去にエバートンで 3得点を挙げている。

ジルーもまた、特に 6年間北ロンドンのアーセナル FC で MF メスト・エジル、FW アレクシス・サンチェス、MF サンティ・カソルラといった選手達と一緒に、かつてフリーキックを蹴るのに苦労した選手である。

アザール、アロンソ、ウィリアンといった選手が木曜日夜に開催されるヨーロッパ・リーグのヴィデオトン FC 戦で休養により欠場することを考えると、チェルシーのファンは、バークリーやジルーがフリーキックでどれくらい良いのかを見る絶好の機会となるかもしれない。

引用元 football.london、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)