サッリが語るロンドンへの想い、ジョルジーニョのリーダーシップ、アザールへの動機付け

画像出典元 Sky Sports

マウリツィオ・サッリが独占インタビューに応じ、彼はそこでロンドンへの想い、チェルシーでのサッリ・ボールの体現に選んだ選手ジョルジーニョ、レアル・マドリードへの移籍に揺れたエデン・アザールに対するチェルシーへの動機付けについて語っているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

30年前のロンドン初来訪

チェルシーの監督は、世界クラスのコーチになる前に首都で学んだ。

マウリツィオ・サッリはロンドンに戻ってきており、チェルシーで早いスタートを切るのを楽しんでいる。独占インタビューでは、サッリは首都に対する愛、彼がエデン・アザールを動かした秘訣、そしてジョルジーニョがチームのリーダーである理由について語った。

「チェルシー、アーセナル、トッテナム、クイーンズパーク・レンジャーズでさえ、私はそれらをすべて見た!」

マウリツィオ・サッリはロンドンで初めて過ごした当時について思いを馳せるのを好む。それは 30年前であり、イタリア人は当時イギリスで勉強していました。イタリアに戻るとき、彼は自身の将来がダグアウトではなく銀行業にあると考えていた。試合に対する彼の情熱は、今のそれほど熱かった。

「もちろん、私はサッカーを見に行った。」彼はチェルシーのコブハム練習場での独占インタビューの中でスカイスポーツに笑顔で伝えている。

「それは当時は非常に異なっていた。英国のサッカーはその時、典型的な英国独自のサッカーだった。今はもっとヨーロッパに寄っているが。

「しかし、それはだいぶ昔に私がここに来て言語を勉強したときの話だ。ものは変わったが、ロンドンは同じ魅力を持っている。」

チェルシーの監督は明らかに首都を好んでいるが、今の 2回目の滞在中にロンドン観光するような時間はほとんどなかったと有名なワーカーホリックは認めている。

夏にチェルシーに任命されたサッリは、以下のように語っている。

「私はイングランドが大好きだ。私の家だ。
「しかし、私はロンドンの中心にある街に行ったことがあるが、私は全くリラックスできなかった。

「インターナショナル・ブレイク中に少しリラックスしてしまうかもしれない、ひょっとしたらね!だけど、私はここに住むのが大好きだ。」

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

サッリ・ボールに欠かせない MF ジョルジーニョ

プレミアリーグ開幕後の好調なスタートは、彼が落ち着くのを助けたことは間違いない。サッリ時代はコミュニティ・シールドでのマンチェスター・シティ FC への敗北から幕を開けたかもしれないが、それ以来、ブルーズはすべての大会で無敗を誇っている。

彼らは日曜日に行われるサウサンプトン戦に先立って、プレミアリーグの順位で 3位となっており、ヨーロッパ・リーグのグループリーグで首位、またアンフィールドでのリバプールを破ったことで、カラバオカップでも 4回戦に入っている。

しかし肯定的な結果だけでなく、サッリはチェルシーのプレースタイルも豹変させている。

前監督アントニオ・コンテが重用した守備的な戦術は、チェルシーの高いボールポゼッション、クラブ新記録となったパス回数、自由な攻撃のアプローチに置き換えられようとしている。

コブハム練習場での勤勉さは明らかに報われたように見える。しかし、チェルシーというチームがサッリのサッカースタイルに順応した時間の短さについて驚かされた、とサッリは認めている。

「はい、私は驚いている。」と彼は言った。「このような質の選手がいることは非常に幸運なことであり、選手たちがシーズンで良いスタートを切ったことも大変幸運だ。

「昨シーズンとは違うスタイルだが、このチームには私のスタイルに適した選手がたくさん居る。」

中心人物は MF のジョルジーニョだ。イタリア人プレーメーカーは、昨シーズン、タイトルに果敢に挑むサッリ率いる SSC ナポリの中心選手だった。今夏に5000万ポンド(約74.6億円) でチェルシーへ移籍してからは、ジョルジーニョはチェルシー中盤で無くてはならない選手となっている。

しかし、ジョルジーニョは先月ウェストハム・ユナイテッド戦で新たなプレミアリーグ記録を制したパスマスターであるだけでなく、ドレッシングルームでもサッリのリーダーであるようだ。

「ジョルジーニョは、私が好きなやり方に本当に適している。」とサッリは語った。「彼は多くの良い面を持っている選手だ。

「ジョルジーニョと同じ可能性を持っている選手としてセスク・ファブレガスが挙げられるが、ジョルジーニョは献身的なプレーが多く、ボールを動かすのがとても速い。これは私たちのプレースタイルには重要な要素だ。

「しかし、外からは見えないかもしれないが、ジョルジーニョは大きな人格を持っていて、ピッチの中でも外でも彼はチームメイトの模範となれる人物だ。」

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

エデン・アザールに対するチェルシーへの動機付け

今シーズンのこれまでのところ、チェルシーの傑出したスターは間違いなく、プレミアリーグの得点王エデン・アザールとなっている。

ベルギー人は、ロシア・ワールドカップで自国を 3位に押し上げる原動力となった後、夏にレアル・マドリードへの移籍が大きな噂となっていた。この憶測が一部の選手を混乱させた可能性があった一方で、アザールは 7試合に出場して 6ゴールを記録するというすばらしい活躍をみせている。

サッリは、レアル・マドリードへの移籍で大きく揺れていたアザールに対して、どのようにチェルシーでの 2018/19 シーズンに向けて意識を再集中させ、動機付けたのだろうか?

彼に自由にプレーさせることによって、アザールはいくつかの野心的なゴールにチャレンジしている。

「彼に楽しくプレーさせる限り、アザールを刺激するのは簡単だ。」と今シーズンアザールに 40ゴールの目標を設定したサッリは語った。

「彼はとても簡単だった。私からの戦略は必要無かった。彼の周りで起こったことも、メディアの影響も彼は受けなかった。彼が楽しんでいる限り、彼はプレーする。そして彼はサッカーをするのが大好きだ。

「しかし、重要な選手にとって重要な目標は不可欠だ。そうして彼がもう少し積極的になり、自分自身の最善を尽くせば、彼は改善することができる。」

アザールとチェルシーの価値は、サッリの管理下でもそれが継続するだろう。

30年後、それはサッリと彼の面白いスタイルは首都のサッカーファンを魅了している。

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)