マウリツィオ・サッリが語るルーベン・ロフタス=チークの大きな欠点

Chelsea

画像出典元 TEAMtalk

マウリツィオ・サッリは、チェルシーの若手 MF ルーベン・ロフタス=チークの欠点を明らかにし、選手に一層の奮起を促しているようです。

 

引用記事の和訳

マウリツィオ・サッリは、ルーベン・ロフタス=チークの試合時間を増やすには、彼自身の戦術理解度の向上が不可欠だと主張している。

今週末、ガレス・サウスゲート監督率いるイングランド代表チームから選外となったロフタス=チークは、週半ばに行われ 1-0 で勝利したヨーロッパ・リーグでのヴィデオトン FC 戦で貴重な先発出場を果たした。

それはイタリア人新監督の下での彼の最初のスタートだった。しかし、サッリは 22歳の選手について、特に守備的な視点で学ぶことがたくさんあるとコメントしている。

「身体的な観点や技術的な観点から見ると、ロフタス=チークは素晴らしいプレーヤーだと思っている。」とサッリは語った。

「ロフタス=チークについては、身体的観点と技術的観点からみれば彼は非常に良い試合をしたと思う。ただし、彼は戦術的な観点から改善しなければならない。

「対戦相手に 3,4回反撃されたことを問題視しているため、戦術的な視点から考えれば、私はもっと彼の頑張りがほしい。特にこのような場合には間違いはつきものだが、私たちはより良くしなければならない。しかし、私は彼が改善すると確信している。

「この時点では、ロフタス=チークとってはコブハム練習場(チェルシーのトレーニング場)にとどまる方が良いと思う。現時点では、多くのトレーニングを受けることが非常に重要だ。直近の 3,4 週間、彼は多くのトレーニングを受けていない。私は今彼がより良く働くためは、滞在する方が良いと思う。」

サッリのサッカースタイルは、ロフタス=チークが楽しめるものだ。そして、彼は日曜日のサウサンプトンへの旅行に先立ち、プレミアリーグの 7試合で 5勝無敗 2分けのブルーズが、更により良くなることができると考えている。

ロフタス=チークは、以下のように語っている。

「前向きに、常に優位に、攻撃的なサッカー、クリエイティブなサッカー、そしてプレッシングサッカーをやりたい。

「私はまだ私たちが多くの可能性を秘めていると感じているし、我々はまだゲームに勝っている。このチームが今シーズンに何ができるかを見ることは非常にエキサイティングだ。」

引用元 TEAMtalk、和訳者 cheren

 

コメント