チェルシーはヨーロッパ・リーグで勝ち進むことができるのか

画像出典元 Sports Courant

ヨーロッパ・リーグで 2連勝でグループ L 首位に立っているチェルシーですが、その試合内容はともに 1-0 とリーグ戦での好調とはうって変わって薄氷を踏む勝利を続けています。その現状に対して警鐘を鳴らす現地メディアもあるようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

昨シーズン、アントニオ・コンテはチェルシーでの 2年目の任期をプレミアリーグ 5位で終えた。ヨーロッパのトップレベルでの競争に慣れてきたクラブにとってこの実績は十分ではなく、スタンフォード・ブリッジでの在任期間の早期終了の原因となった。マウリツィオ・サッリは、昨年手放してしまった国内とヨーロッパの両方にクラブを帰還させる責任を負う仲間である。

これまでのところ、イタリア人監督は素晴らしい仕事をしており、チェルシーは元 SSC ナポリの監督の下で素敵なサッカーをしている。ブルーズは、プレミアリーグとヨーロッパ・リーグの両方で競争を優位に進めている。リーグカップ戦でさえ、サッリ・ボールが支配的だ。チェルシーは最近、リーグカップにおいてリバプールをアウェーでノックアウトした。アンフィールドが要塞になっているほどだ!

映し出されるその姿に、チェルシーのほとんどのファンが夢を見ている。タイトルに挑戦することは、今日までには更に現実的に見えている。サッリは有名なトロフィーを獲得したことはないが、しかし、それも今シーズン終了するだろう。サッリ監督は何かを勝ちとりたいという欲望についても話していた。それは彼の欲望と焦点になる。ヨーロッパ・リーグは、彼の野望を達成する良い機会を提供しているといえるだろう。

ただ、現時点ではブルーズがこのヨーロッパ・リーグでは本来の調子を発揮できていないと言わざるを得ない。2試合、2勝。これは素晴らしいことだが、彼らは 2試合とも 1-0 のスコアで終わっている。両試合でクリーンシートを達成することは、チームがディフェンスをしっかりと保つことができることを示している。しかし、それで十分なのだろうか?

重要な点として、チェルシーは比較的弱い相手と対戦していることが挙げられる。

グループの対戦相手であるギリシャの巨人 PAOK テッサロニキ、ハンガリー王者 ヴィデオトン FC、FC BATE ボリソフを軽視するわけではないが、彼らはチェルシーに脅威を与える相手ではない。ロンドンクラブは、むしろチャンピオンズリーグで競争することを前提に、その下位の大会としてヨーロッパ・リーグを見ているだろう。したがって、ブルーズは比較的容易にグループでトップ通過することを目指している。

本当の問題は、大会日程が後半に進むことで、より厳しい相手に対抗することになることだ。幸いにも、チームは基本的にうまくいっている。これまでのところ、すべての大会で無敗の状態を維持することは、チームがすべての大会で最後まで最高の位置にたどり着けることを示している。

直近で行われたリバプールとの試合では、ユルゲン・クロップの誇るスター選手がアンフィールドで華々しいプレーで勝利目前だったチェルシーに剣を突き立て、スタンフォード・ブリッジで勝ち点をもぎ取った。

キープレーヤーは躍動している。防衛は堅実だ。中盤も最高だ。攻撃はまた発砲している。エデン・アザールがクラブ内の得点王をリードしているが、ペドロ、アルバロ・モラタ、ウィリアンも得点を挙げている。スペイン人ストライカーは、ヨーロッパ・リーグ直近のヴィデオトン戦で孤軍奮闘していた。

サッリは来年 5月にアゼルバイジャンで開催される決勝戦を目指し、そこにたどり着くために必要なことはすべてやるだろう。ヨーロッパ・リーグ優勝は、クラブがプレミアリーグの 4位までに入れなかった場合に チャンピオンズリーグ出場権のバックドアを提供するため、それは特に大会に勝ち進むことの重要性を与えられている。

さらに、イタリア人監督のトロフィーは歓迎すべき発展といえる。チェルシーでは、彼はその夢を実現させるユニークな機会を持っている。彼はトロフィーとそれに勝つ良いチャンスに挑戦するのに十分強いチームを持っている。彼がそれを達成するために快進撃を続けられるかどうかは彼の責任の範疇だ。

引用元 Sports Courant、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)