「私は心配していない」FWジルーはチェルシーでのポジション争いを歓迎する

画像出典元 Goal

今シーズン、FW のポジションをアルバロ・モラタと争っているフランス代表 FW オリビエ・ジルーが、その胸中をメディアに語っているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

フランス人は代表チームの招集義務からの帰還にもかかわらず、ブルーズの監督マウリツィオ・サッリのニーズを満たすための準備が整ったと考えている。

チェルシーのストライカー、オリビエ・ジルーは、ワールドカップ優勝者としての地位を証明するものは何もないと感じており、アルバロ・モラタとの競争を歓迎している。

32歳の FW は、プレミアリーグに 7シーズン出場しているが、今シーズンはマウリツィオ・サッリの下での彼の新たな役割の中で、ポジションを確固たるものにできていない。

ジルーは、ロシアでフランス代表としてワールドカップを獲得して今夏末にクラブに戻ったが、帰還後のスタンフォード・ブリッジではモラタとのスターティングメンバー争いを繰り広げている。

スペイン人ストライカーは、最近の数カ月間における頼りないゴール決定率について批判を受けている。今のところこれまでのすべての大会で、彼は 3つしかゴールを決めていない。

ジルーは、優れた空中能力と高いボール保持能力を生かしたポストプレーでチェルシーの攻撃にさまざまなオプションをもたらしている。そして、サッリが今後どのようなことを彼自身に期待しているかについて正確に知っていると主張し、ジルーも自身の能力を保ってきた。

「昨シーズン、私はすでにアルバロと競合していた。」ジルーは RMC Sport にそう語った。「私はたくさんの試合をしたが、今年は遅くチームに合流したこともあり、チームでの序列が悪くなってしまった。

「たとえ名声があったとしても、サッカーは果てしないスタートだ。時代とともに動かなければならない。

「それは私がやったことだし、心配はしていない。今シーズンの目標を達成するために、チェルシーは 2人のアタッカーを必要としている。

「サッリが私に求めているのは何か? 戦術的思考を組み合わせた攻撃陣との十分な意思疎通だ。

最初にプレッシングを仕掛け、相手陣内でボールを得るためにプレスを押し上げる。

ジルーはフランス代表として招集された後、UEFA ネーションズ・リーグでのドイツ戦に先立ち、ワールドチャンピオンが親善試合でアイスランドと対戦すると話していた。

元アーセナルのストライカーは、ワールドカップ代表チームでの評価を継続し、ディディエ・デシャンの最初の選択肢として彼のインパクトを強調している。

「ワールドカップではネットを揺らすことはできなかったが、私はチームに貢献できたものを知っている。」とジルーは続けた。

「あれは素晴らしい夏だったし、多くのフランス人が同じことを考えていると思う。

「私は個人的な関心をチームより優先したことは無い。私たちが守った方法を現場に示すだけだ。

「私たちは、過去20年間にドイツ 2014 で最も多くのゴールを決めたチームだ」

ジルーはフランス歴代得点者リストで、3位のダビド・トレゼゲより 2点少ない 32得点 4位に着けているが、そのジルーより 9点上回っているランキング 2位に君臨するミシェル・プラティニのコメントを意に介さなかった。

ジルーは以下のように付け加えた。

「フランスとミシェル・プラティニの跡を巡る?

「まずはトレゼゲの記録を抜くことを考え、それ以降はそれを達成してから考える。

「オッズが合理的であれば、私は自分の目標を設定する。それは段階的に進むだろう」

引用元 Goal、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)