マルコス・アロンソ、チェルシーとの契約延長に前向きの模様

画像出典元 WhoScored.com

DF ながら今シーズンのリーグ戦で 1ゴールを挙げているチェルシーの DF マルコス・アロンソはまだ 2年間の契約を残していますが、既にクラブから契約更新の打診を受けており、アロンソ自身も契約延長に前向きのようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

マルコス・アロンソは、月末までにチェルシーとの新しい長期契約のサインに期待していると明らかにした。

27歳の彼は、2016年にフィオレンティーナから2300万ポンド(約34.3億円)でチェルシーに移籍したが、プレミアリーグの巨人に暴露されている。

アロンソの現在のチェルシーとの契約は、2021年まで途切れることはないが、スペイン人はクラブが彼に延長を提供したことを明らかにした。

「チェルシーではとても穏やかでとても幸せだ。クラブも私に満足していなければならない。なぜなら、まだ 2年間契約が残っているが、彼らは私に契約の延長を打診したのだから」と彼はスペインの新聞 AS に語った。

「私たちはそれについて話しており、更新する会談はすでに進んでいる。すべてがうまくいくならば、私は月末前に更新するつもりだ。

「私の父が交渉を行う代理人なので、彼がこの契約を担当している。私は27歳で、私はまだ 2年余り契約を残しているが、私は契約を延長するつもりだ。

「私が心配していることは、チェルシーや代表チームでの試合でできうる限りタイトル獲得に向けてプレーすることだ。私の契約は穏やかだ。」

この2年間でアロンソは能力のある DF であると証明されたばかりでなく、ゴールも量産している。

アロンソはチェルシーでのデビュー以来、リーグ戦 72試合に出場して 14得点を挙げ、さらに 7アシストも達成している。

実際、アロンソはその時に他のどの DF よりも多くのプレミアリーグでのゴールを挙げ、直接的な役割を果たしてきた。

引用元 WhoScored.com、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)