チェルシーのタイトル獲得におけるマテオ・コヴァチッチの重要性

画像出典元 Sports Courant

今シーズン、レアル・マドリードからレンタルで獲得している MF マテオ・コヴァチッチがチェルシーのタイトル獲得に重要であることを現地メディアが提唱しているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーがレアル・マドリードからマテオ・コヴァチッチをレンタルで獲得したとき、多くのチェルシーファンはなぜクラブが別のセントラル MF にサインをしたのか理解に苦しんでいた。

この時既にクラブには、セスク・ファブレガス、エンゴロ・カンテ、ダニー・ドリンクウォーター、ロス・バークリー、それにクリスタル・パレス FC からレンタル終了で戻ってくるルーベン・ロフタス=チークが居た。付け加えると、コヴァチッチの到着の数日前には、同じく新たに獲得したジョルジーニョも居る。

しかし、元 NK ディナモ・ザグレブの選手の隠された事実が明らかになるにつれ、その疑惑は間違っていると証明されつつある。

ロシア・ワールドカップのファイナリストは、世界的なヤングスターの一人である。24 歳の彼は、スターティングイレブンとして選ばれ続けるメリットを生み出していかなければならない年齢に入っている。2015 年にインテルからレアル・マドリードに移籍した後は完全には機能しなかったが、彼は本当にチェルシーで彼の資格を示すチャンスを持っている。

コヴァチッチの美しさは、ディフェンス寄りの傾向にあるが非常に知的な選手だということにあるといえる。彼は相手選手に考える時間を与える間もなく、迅速にかつ急激にプレーすることに長けている。

この特性は、サッリのフルバックが MF よりも多くシュートを狙うように推奨されるマウリツィオ・サッリのサッカーに流れる自由な熱狂に実にフィットしている。これはコヴァチッチに良く作用している。彼はゴールスコアラーではないが、彼はキャリアを通してゴールを記録するよりも多くのカードを持っている。

今シーズン、サッリは彼を 8番のポジションに配備している。しかし、往年のフランク・ランパードが深い位置から前進してネットを揺らしていたのに対し、チェルシーのファンは、深い位置で彼の足元に収まったボールをそのまま前に運ぶコヴァチッチを見始めている。

彼は選手に駆けつけて、できるだけ前進することが大好きで、中盤なら場所を問わずすべてのスペースでそれを行うことができる。彼は、中盤の中心を支配できるジョルジーニョとカンテからのサポートが得られることを理解している。

レンタルでのコヴァチッチの獲得は、バークリー、ドリンクウォーター、ファブレガスのような選手の明確な改善であり、すでに彼らに影響を与えているように見える。FA カップで優勝したにもかかわらずチームに影を落とした昨シーズンとは対象的に、今シーズンのチェルシーは強く見え、もう一度心を奪われている。

イングランドのファンにとって、バークリー、ドリンクウォーター、ロフタス=チークといった、特に途中で追いやられた選手を見るのは残念だが、単なる守備的な MF よりもエデン・アザールのような活躍を見せるコヴァチッチの質をチェルシーのファンは気にしないだろう。ただ、彼らが抱える 1つの大きな問題は、コヴァチッチがレンタルでの獲得であり、長期的にはレアル・マドリードを助けているが、チェルシーにとっては短期的な移住であることだ。

彼のパフォーマンスがこのまま続くなら、コヴァチッチはサッリのクリスマスリストのトップに立つかもしれない。彼らはコヴァチッチをスタンフォード・ブリッジに固定化する完全移籍に向けて動き出すかもしれない。

引用元 Sports Courant、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)