サム・アラダイス元代表監督、今冬でのロフタス=チークの退団を予想

画像出典元 Express

昨シーズン、クリスタル・パレス FC でのレンタル移籍からチームへ戻ってきた MF ルーベン・ロフタス=チークは、チェルシーで安定した出場機会を獲得できておらず、苦しい立場に置かれています。サム・アラダイス元イングランド代表監督は、そんな彼に今冬でのチェルシーからの移籍を現地メディアに語ったようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーの MF ルーベン・ロフタス=チークは、来年 1月にクラブから完全に移籍しなければならない。それは元イングランド代表監督、サム・アラダイスの率直な意見だ。

ロフタス=チークは、レンタル先のクリスタル・パレス FC で昨シーズンを過ごし、そこで彼はガレス・サウスゲート監督率いるイングランド代表の地位を獲得した。

彼はロシア・ワールドカップにスリーライオンズの一人として出場し、イングランド代表が準決勝に進出するのを助ける重要な役割を果たした。

しかし、ロフタス=チークがクラブに戻って以来、チェルシーは彼をアカデミーに通わせていたが、彼はマウリツィオ・サッリの下ではレギュラーとして扱われていない。

ロフタス・チークは今シーズン 3試合にしか出場しておらず、彼の唯一の先発出場は先週のヨーロッパ・リーグで 1−0 で辛勝したヴィデオトン FC 戦のみである。

彼は、今度のクロアチアとスペインとのネイションズ・リーグ戦のイングランド代表から選外となってしまった。

そして、サム・アラダイスは、22歳の選手がチェルシーから離れるタイミングはまさに今だとコメントしている。

「私はロフタス=チークに失望している」とアラダイスは talkSPORT に話している。

「チェルシーは、今シーズンについてロフタス=チークがチームの一員になると語っているが、そうであるのなら、彼らはまだその主張に沿っておらず、彼をチームの一員として扱っていない。

「昨シーズンのクリスタル・パレスとワールドカップでのイングランド代表として成し遂げたことで、私はチェルシーで彼が大きく羽ばたくシーズンになると考えていたが、それは単に起こっていない。

「もし私がロフタス=チークの立場だったら、私は 1月にドアを打ち破り、「私はチェルシーを出ていってやる」と言うだろう。

「レンタルではなく、チェルシーから完全に離れて、自分のキャリアを構築してほしい。

「彼はクリスタル・パレスのファーストチームでサッカーをしていて、明らかに彼はチェルシーを愛している。しかし、そこでは彼にとって良い状況が起こっていない。

「彼はプレーする必要がある。 彼がプレーしないには才能がありすぎる。私たちはそれをすべて見てきた。」

ロフタス=チークが 2014年にデビューして以来、彼はすべての大会でわずか 35試合しか出場していない。

ロフタス=チークはチェルシーで累計 2ゴールを決めているが、クリスタル・パレスでのレンタル期間中に彼は同じ数のゴールを決めている。

引用元 Express、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)