チェルシーが歩みを止めないためにこれから行うべき3人の契約

画像出典元 sportskeeda

今シーズン好調を維持しているチェルシーが更にリーグを勝ち進むため、とあるメディアが今冬に進めるべき契約の候補として 3名の選手の具体例を挙げているようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

今夏、チェルシーの新しい監督としてマウリツィオ・サッリが就任した。イタリア人監督はイングランドで彼のプレースタイルをうまく適用し、クラブに本当の革命をもたらしている。

彼はロンドンに滞在してわずか 3ヶ月間で、チェルシーのサッカーの偉大なブランドを盛り上げ、選手は改善し、彼らは現時点で無敗のチームとなっている。プレミアリーグで行われた 8試合で、チェルシーは勝ち点 20ポイントを獲得した。

今シーズンチェルシーがリーグに勝つことは難しいだろうが、それでも彼らは間違いなく最後まで戦える強いチームである。

チェルシーは最終的に、欧州で最も強力なチームの 1つに押し上げることができる監督を雇っているが、チェルシーの首脳陣はそれを実現する必要があり、彼らはサッリの望みを果たさなければならない。

チームには補強を必要とするポジションが複数あるが、彼らはチームを強化するために世界クラスの選手を購入する必要がある。特に、チェルシーの最も弱いポジションである CB、右ウィング、セCF。チェルシーが歩みを止めないために補強すべきこれらのポジションで、候補となる 3人の選手を挙げる。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

DF ダニエレ・ルガーニ (ユベントス FC)

マウリツィオ・サッリは 4バックシステムを採用している。CB の彼の最初の選択肢は、アントニオ・リュディガーとダヴィド・ルイスだ。その他のオプションとしては、アンドレアス・クリステンセン、イーサン・アンパドゥ、ガリー・ケーヒルなどが挙げられる。しかし、クリステンセンとアンパドゥは若すぎるし、ケーヒルはサッリが求める非常に高いディフェンスラインには完全に適していない。

アントニオ・リュディガーは、ブルーズの最高の DF であり、ダヴィド・ルイスのアタッカーにボールを供給する能力はサッリ・ボールで非常に有用である。しかし、ルイスのディフェンス能力は最高レベルではなく、チェルシーはリュディガーの新しいパートナーを探すべきだ。

おそらくサッリ・ボールに最もよく合う DF はダニエレ・ルガーニだろう。今夏、チェルシーはユベントスからルガーニを獲得したかったが、選手は滞在を決めた。しかし、今シーズンは今季のセリエA  8試合で、彼は 1試合にしか出場していない。

ユベントスでのルガーニのキャリアは最善の道筋では進んでいないが、彼はトリノから離れることができるだろう。サッリはエンポリでルガーニをコーチした経緯からサッリは彼をよく知っており、ロンドンは完璧な目的地といえる。

ルガーニはオン・ザ・ボールの動きが非常に良く、彼のディフェンス能力もとても良い。彼とリュディガーは完璧なパートナーシップを形成する可能性がある。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

FW フロリアン・トヴァン (オリンピック・マルセイユ)

サッリは、攻撃陣の左翼にディフェンスラインを突破でき、かつプレーを指示できる選手を配置することが大好きだ。一方で、反対側では、サッリは完全に異なるプレーヤーを使用する。

右翼では、サッリは走り込める選手を配置する。この選手はスペースへの走りをうまく活用する必要がある。ペドロはこの役割を完璧に果たしている選手であり、これがサッリの下でペドロが重用されている理由といえる。ただ、ペドロは既に 31歳であり、これから何年も最高レベルでプレーすることは難しい。チェルシーは交換を見つけるべきだ。

チェルシーの首脳陣はフロリアン・トヴァンの獲得を図るべきだ。このフランス人は、現在リーグ1 で最高の選手の一人である。昨シーズン、彼はキャリア最高のサッカーをしている。彼は非常に技術的に才能のある選手であり、彼のテクニカルスキルはサッリのワンタッチサッカーに最適といえる。

彼は既にイングランドでの滞在経験がある。彼は2015年、ニューカッスル・ユナイテッド FC に所属していたが、当時の彼にとって、この移籍は完全な失敗だった。彼は現在 25歳であり、最高レベルの環境を試す完璧なタイミングだろう。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

FW クシシュトフ・ピョンテク (ジェノア CFC)

そして最後に、チェルシーはこれから先の攻撃陣を主導する選手を見つける必要がある。このポジションの現在のオプションには、オリビエ・ジルーとアルバロ・モラタが含まれる。

ジェノア CFC の新星、クシシュトフ・ピョンテクは、チェルシーのストライカー問題の長期的な解決策とみなされるべきだ。ピョンテクは今シーズン、セリエA 7試合で 9得点を挙げている。ピョンテクは、ストライカーの本能であるゴールへの嗅覚が優れている。また、彼の空中戦は本当に脅威だ。

サッリによって導入されたチーム構造はポイントでのプレーに適しており、聡明に事を運びたいワンタッチストライカーは喜んでボックス内に走り込む。ピョンテクは、確かにチェルシーに欠けているリンクかもしれない。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)