アザール、モウリーニョ監督と「もう一度一緒に戦いたい」と評価

画像出典元 Sport Witness

今シーズン、マンチェスター・ユナイテッドで苦境に陥っている元チェルシー監督モウリーニョについて、アザールはモウリーニョ体制でもう一度戦いたい、「マンチェスター・ユナイテッドとチェルシーのファンの興味をそそる最高の監督」と母国のメディアに語ったようです。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

引用記事の和訳

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドのサポーターは、いつの日か、ホセ・モウリーニョを安住地へ導くかもしれない。両チームのサポーターの大半は、モウリーニョの失敗に振り回されておらず、彼のプラスとマイナスを持っていることを認めている。

オールド・トラッフォードの最高司令官がしばしば批判を浴びていることの一つは、彼が才能のあるプレイヤーを最大限に活用に活用できず苦労していることである。しかし、モウリーニョがチェルシーでの最終シーズンでみせたエデンハザードへの姿勢は、その視点の正当性として高く評価されている。

ポール・ポグバはもちろんのこと、アレクシス・サンチェスやアントニー・マルシャルといった、マンチェスター・ユナイテッドのアタッカー陣から最高のものを引き出すことを考えていないポルトガル人監督は明らかにバックアップではない。

しかし、アザールは興味深いことに、異なった意見を持っている。ベルギー代表選手は、モウリーニョのチェルシーで制限されすぎていたとは感じておらず、実際には現在のユナイテッド監督が、アザールが再び一緒に働きたいと思う監督だと考えている。

アザールはベルギーの新聞 HLN で以下のように説明している。

「モウリーニョと過ごした最後のシーズンは、もう楽しいものではなかった。私たちは勝てなかったし、日々つまらないトレーニングのルーティンをこなした。すべての当事者にとって、彼との協力関係が終結したことがより良いことだった。だが、今私が再び仕事をしたいと思っている監督を尋ねられたら、私は『モウリーニョ』と言う。」

HLN はアザールの答えに少し動揺を隠せず、さらにアザールへ確認した。

「結果が悪ければ、モウリーニョは選手たちを批判し始める。皆それを知っている。その後、私はそれを受け入れることができたが、それは彼の性格の一部だ。

「勝利できているのなら、モウリーニョは想像できるなかで最高の監督だ。それから彼は友人になるし、何でもしたくなる(笑)。ある日休みたいと言ったら、彼は休暇日を 2日与える。すべてがうまくいくのなら、モウリーニョは私みたいにくつろげるサッカーを経験させてくれる。

非常に守備的なコーチと言われている彼自身のイメージでさえ、それほど悪くはなかった。彼はグラウディオラのような冒険から遠く離れているが、私たちがチャンピオンになった年は、我々は多くのゴールシーンを作り、良い試合をした。

「私は自分のキャリアでそんなに後悔したことはないが、
私はチェルシーのモウリーニョとはもう仕事ができていない。私たちには多くの賞を得るチームだったが、残念ながら私たちはちょうどネガティブなスパイラルに陥って終わってしまった。」

アザールがマンチェスター・ユナイテッドの監督についてそのような良い思い出を持っているという明確な理由があるかもしれないが、それは、おそらくチェルシースターの古い上司があまりにも寛大であったと感じたのだろう。

「12年間のプロのキャリアのなかで、モウリーニョの下の最後の 6ヶ月、私は悪い一年を過ごした。これは私自身の責任だった。タイトルの後、我々は追加の休日をモウリーニョに頼んだ。私はシーズンの開始時に準備が完全には整っていなかったので、ワールドカップの4週間後、私はチェルシーでのトレーニングに遅れて戻ってきた今夏のレッスンを思い出した。」

これはマンチェスター・ユナイテッドでストレスを受けた選手たちのためのメッセージだ。

「うまくやって、そして大きなものに勝ってほしい。そうしたらジョゼ・モウリーニョはあなたの旅行代理店の親友になるだろう。」

引用元 Sport Witness、和訳者 cheren

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)