チェルシー、後3年間の契約を残すエンゴロ・カンテとの契約延長を検討

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 talkSPORT

フランス代表 MF エンゴロ・カンテは、まだ所属するチェルシーと 3年間の契約が残っていますが、フランス、リーグ1 王者のパリ・サンジェルマンからの強奪を防ぐため、チェルシーは今の段階からカンテとの契約延長を検討しているようです。

 

引用記事の和訳

 

パリ・サンジェルマンを遠ざけるため、チェルシーはエンゴロ・カンテに新しい契約を提案したようだ。

27歳の MF は、まだ 3年間は現在の契約が残っているためチェルシーに所属することになっているが、Mirror によると、プレミアリーグ側はカンテをもっと長い間結びたいと考えているようだ。

夏季にロシア・ワールドカップで優勝したフランス代表のカンテは、2016年にレスター・シティ FC から移籍した際、チェルシーは 3300万ポンド(約48.7億円)を費やしている。

彼はレスターでプレミアリーグで優勝してから 1年後にチェルシーでも同リーグのタイトル獲得に貢献した。

カンテはワールドカップでも出場した試合で、他のどのメンバーよりも頻繁にボールを奪っている。彼のチームメイトの FW ポール・ポグバはカンテについて「(あれほど動くには) 15個の肺が無ければならない」と述べ、フランス代表監督のディディエ・デシャンは、彼を「無くてはならない不可欠な要素」と呼んだ。

チェルシーはこの新しい契約に何ヶ月も準備していると考えられており、カンテはスタンフォード・ブリッジでも最高額の選手になると以前から主張されている。

エデン・アザールは、チェルシーのベストプレーヤーとして週給 22万ポンド(約3250万円)の収益を上げている。しかし、ベルギー人はロンドンでの彼の時間がほとんど終わったという噂を払拭するに足る行動をほとんど何も行っていない。

彼は来年 1月の移籍ウィンドウでチェルシーを退団する可能性は払拭したが、バロンドールの栄誉を得るために彼が
置かれたとき、世界最高の選手となるために彼はスペインでプレーしなければならないだろう。

彼は笑顔で言った。「もしかしたら、それが私が行きたい理由なのかもしれない。」

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

 

コメント