チェルシーはプレミアリーグDFを買い戻し条項で再契約するべき

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 MediaReferee.com

2012年からチェルシーに所属し、2017年にレンタル移籍先クラブ AFC ボーンマスに完全移籍した DF ナタン・アケについて、現地メディアはチェルシーに彼の買い戻し条項行使による再契約を提言しているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーはナタン・アケの買い戻し条項行使を検討すべきである。

The Telegraph によると、マンチェスター・ユナイテッドとトッテナム・ホットスパーは、チェルシーが AFC ボーンマスの DF、ナタン・アケのバイ・バックすることに興味があるかどうかを待たなければならないようだ。

チェルシーは高い評価を得たアカデミーのタレントを 2017年に AFC ボーンマスへ売却したが、これによりブルーズは将来的に 4,000万ポンド(約59.2億円)の移籍金で彼と契約することができる。

しかし、チェルシーがナタン・アケをスタンフォード・ブリッジに戻すことに興味があるという公式のニュースはこれまでなかった。再署名するためには、プレーヤーとの同意が必要とのことだ。

ナタン・アケは 2011年、16歳の時にチェルシーに入団したが、ブルーズのファーストチームとして 7試合しかプレミアリーグに出場しておらず、レディング FC やワトフォード FC を含む複数のクラブでレンタルされていた。彼はレンタル先のチェリーズでもシーズンを過ごし、最終的にボーンマスは彼を完全移籍で獲得した。

チェルシーは、新監督のマウリツィオ・サッリの下、プレミアリーグのシーズンに突入し、ブルーズは現在リーグでマンチェスター・シティ FC とリバプール FC に勝点で並んでいる。実際、彼らはまだ今シーズン、リーグで無敗である。

最初の数試合、ブルーズは少し不安に見えたが、ダヴィド・ルイスとアントニオ・リュディガーは試合を経て自信を持って成長し、デュオはディフェンスの中心として健全なパートナーシップを築いてきている。彼らの一貫したパフォーマンスにより、サッリ監督は経験豊富なガリー・ケーヒルと若いアンドレアス・クリステンセンをベンチスタートとして扱わざるを得ない状況となっている。

しかし、チェルシーは 31歳のダヴィド・ルイスの未来をまだ決めることはせず、 クラブが彼に新しい契約を提供しようとするかどうかは興味深いところだ。ブラジル人がサッリのサッカースタイルによく適応できていることを考えると、ブルーズは彼に現在の契約の延長話を持ちかけるよう誘惑されるかもしれない。

リュディガーとルイスは、サッリの最初の選択肢となる CB ペアだが、監督はクリステンセンとケーヒルの未来を決定する必要がある。どちらもクラブでの現在の役割に満足しておらず、ケーヒルに至っては今後もレギュラーとしての出場機会に苦労するのなら、今よりも良い環境を探し求めることについて示唆している。

目下の状況では、彼らがリュディガー、またはルイスのいずれかの負傷時の脇役にされた場合、ケーヒルはスタンフォード・ブリッジから去る公算が高く、チェはディフェンスラインの機器に直面するかもしれない。したがって、プレミアリーグで魅力的な財産となりつつあるナタン・アケに対し、チェルシーが買い戻し条項を行使するには完璧な時期となる。

アケは今シーズン、ボーンマスで何度も堅実なパフォーマンスをみせており、ブルーズが彼を買うように誘惑されている。彼はまだ23歳で、クラブにとっては長きに渡って活躍してくれる完璧な選手となるかもしれない。

オランダ人は高身長であり、今シーズンは大きなミスを犯していない。彼は冷静さとタックル技術の面で多くを改良したようで、彼がボールの扱いが上手い CB であるという事実は、彼をサッリのシステムに完璧にフィットさせるはずだ。

アケは DF としての可能性を発揮するために大きな飛躍を遂げている。彼は時間とともに更に良くなるだろうし、彼を再獲得することができなかった場合、来るべき数年のうちにブルーズを追い詰めるかもしれない。

引用元 MediaReferee.com、和訳者 cheren

 

 

コメント