ティエムエ・バカヨコの今冬でのチェルシー復帰を代理人が否定

Chelsea

画像出典元 talkSPORT

チェルシーを離れて今シーズンセリエA の AC ミランに所属するフランス人 MF ティエムエ・バカヨコの今冬のチェルシー復帰が現地で噂されているようです。

 

引用記事の和訳

Midfield flop will not be heading to Chelsea in January
Chelsea midfielder Tiemoue Bakayoko is to remain at Milan and not return to Stamford Bridge, according to his agent. Bakayoko, the midfielder, endured a tough d...

代理人によると、チェルシー MF ティエムエ・バカヨコは AC ミランに留まることになり、今冬でのスタンフォード・ブリッジへ戻ることは無いという。

昨年の夏、MF のバカヨコは AS モナコから西ロンドンへ移籍したが、ブルーズでのデビューシーズンでは苦闘を強いられていた。

アントニオ・コンテの下で 43試合に出場したバカヨコは、その低調なパフォーマンスで厳しく批判された。特に、昨年度シーズンで 1−4 の完敗を喫したアウェーでのワトフォード FC 戦での彼の 30分間のプレーは、プレミアリーグの歴史で今まで見られた最悪のソロ・パフォーマンスの一つと一般的に考えられている。

フランス人 MF がこの夏完全にチェルシーを離れ、かつクラブの監督がコンテからマウリツィオ・サッリへ代わったとき、サッリはバカヨコをレンタルでクラブから遠ざけることにほとんど時間を割かなかった。

セリエA のミランは、シーズン中の取引で 24歳プレーヤーを確保したが、しかしチェルシーのバカヨコのパフォーマンスがイタリアでも発揮されてしまったようだ。

彼はミランでは全試合でわずか 2試合しかスターターとして起用されておらず、AC ミラン監督、ジェンナーロ・ガットゥーゾはバカヨコを公然と批判している。「MF は成熟しておらず、試合では『欠陥』がある」と彼は示唆した。

今月初め、ミランはバカヨコのレンタル移籍を早期に終了させ、今冬 1月に選手をスタンフォード・ブリッジへ帰還させる可能性があると報道されている。

しかし、バカヨコの代理人を務める Federico Pastorello はこの噂をを否定し、Calciomercato にクラブと選手の両方が現在の取り決めに満足している旨伝えている。

「バカヨコはミランで幸せであり、ミランも彼に満足している」と代理は語った。

「フィットに時間がかかることは当初から知られていた。誰もが彼がロッソネリのシーズンに大きく貢献できると信じている。

「1月のチェルシーへの復帰についての噂はまったく根拠がない。」

引用元 talkSPORT、和訳者 cheren

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました