今シーズン、チェルシーが好調を維持している理由

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Daily Star

今シーズン、今週時点でチェルシーは昨シーズンのプレミアリーグ覇者マンチェスター・シティ FC、リバプール FC と勝点で並んで上位を争っていますが、今シーズンの予想と反してチェルシーが好調を維持している理由を現地メディアが指摘しているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシー監督マウリツィオ・サッリは、彼が設定した高いディフェンスラインが功を奏してシーズンのスタートダッシュに成功した。

それは、元イングランド代表 DF、Sky Sports の解説者マシュー・アップソンの意見だ。

ブルーズは、新監督のサッリの下で今シーズンの予想を上回っている。彼らは現在、プレミアリーグの勝点でリバプール FC とマンチェスター・シティ FC に同点で並び、得失点差でリーグ 2位に位置している。

そして、元 SSC ナポリ監督のサッリは、前監督アントニオ・コンテが採用した 3バックを即刻廃止し、彼の代名詞である 4−3−3 フォーメーションへの移行にほとんど時間を掛けなかった。

当初、アーセナル FC を 3-2 で下した試合で 2失点し、その後ディフェンスでの順応に苦労したが、チェルシーは 7試合で 3失点しかしていない。

そして前アーセナルの CB アップソンは、今のところこの素晴らしい成績をもたらしている主な理由は、サッリのディフェンスの采配にあると考えている。

今シーズン成功を収めているチェルシーの変化について尋ねられたとき、アップソンは「コンテのときとは違って、フォーメーションの面で明白な違いがある」と述べた。

「サッリは 4バックのフォーメーションが好きだ。

「最大の変化は、彼がディフェンスラインを高い位置で維持する采配を取ることにある。

「彼はバックスを押し上げるするのが好きだ。チェルシーを最初に見たとき、私は『それがうまくいくかどうか分からない』と思った。

「私はチェルシーがそれに適応できるかどうかにかかわらず、彼らの守備陣を見てきたが、彼らは今までよく対処してきた。

「アザールは完全に自由にプレーしていて、とても快適で幸せそうに見える。彼はアタッカーの中で最高の得点数を挙げている。

「しかし、彼らがボールを押し戻して相手チームを狩る方法で、彼らは今シーズンもう少し強みを持っている。」

土曜日にマンチェスター・ユナイテッドと対戦するチェルシーは、インターナショナルブレイクを取った。

この試合では、過去 3回のチャレンジで勝点を獲得できなかったユナイテッド監督のジョゼ・モウリーニョが再び彼の古巣に戻ってくる。

引用元 Daily Star、和訳者 cheren

 

コメント