クロード・マケレレ、チェルシー入団当初に彼を驚かせたエピソードを語る

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Express

現在、ベルギー1部 K.A.S オイペンを率いる元チェルシーのクロード・マケレレが、2004年チェルシー入団当初に彼を仰天させたエピソードと当時の監督モウリーニョから教わったことについて、現地メディアへ語ったようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーのヒーロー、MF クロード・マケレレは、ジョゼ・モウリーニョが監督として到着する前にスタンフォード・ブリッジでの生活を開始した。

マケレレは、レアル・マドリーからチェルシーへの入団に先立って世界最高峰の守備的 MF の一人として評判を得ていた。

そして西ロンドンでは、彼はチェルシーで 6つのトロフィーの獲得に貢献することで、彼の名前を挙げた特定の役割「マケレレ・ロール」と命名される遺産を強化した。

チェルシーに現オーナーのロマン・アブラモビッチの投資が開始される 2004年のクラウディオ・ラニエリからモウリーニョへスイッチするまで、成功はなかった。

そして、マケレレは彼を面食らわせ、ポルトガル人監督が到着する前にブルーズを阻害たらしめていたメンタリティについて明らかにした。

「私がチェルシーに最初に着いたとき、私はショックを受けた。」とマケレレは Sun に語った。

「マンチェスター・ユナイテッドやアーセナルのような大きなチームがあって、私たちはいつも彼らと対戦していた。そして私は『地獄に落ちろ、クソッタレ、無理としか思えない』と聞こえてきた」

「『何? アーセナルには勝てない?』私のチームメイトは自信が無くで、それは私に衝撃を与えた。私はいつも勝利を挙げてきたレアル・マドリーから来ていた。

「私は、パトリック・ビエラとティエリ・アンリの連携から生まれたゴールで勝ったアーセナルを見て、チームメイトを理解した。

「しかし、彼らは私の友人であり、私は代表チームで彼らと一緒にプレーしていたし、私は恐れることはなかった。

「私はこれを見たとき、私はチームメイトとこの状況を変えたくて言った。『いや、できる。』私たちは考え方を変え、その後常に彼らに打ち勝ってプレミアリーグで戦ってきた。

「私はモウリーニョから対戦相手の研究方法、細部への気の配り方、マネジメントから行き着く結果の考え方等、モウリーニョから多くを学んだ。

「彼は違う観点で私にサッカーを理解させた。サッカーはただの幸福ではない。彼は、社会、パートナーシップ、ファン、メディア、あらゆる細部について理解できるようにしてくれた。

「これはサッカーで今まで以上に重要なことだ。私たちはこれをコントロールする必要がある。」

チェルシーは、中盤の執行者であるエンゴロ・カンテという形で、今また現代のマケレレを所有している。そしてマケレレは、プレミアリーグでの同国人の功績を喜んでいる。

「人々はカンテについてたくさんの事を話す。彼はチームメイトのクオリティを引き上げる能力があり、私はこの青年が大好きだ。」とマケレレは付け加えた。

「彼はチームメイトのためにプレーしている。幸福で、真剣で、細部にとても気を配る。

「彼は走り、パスを供給し、時には彼自身が得点する。それは人々にとって良い例だ。 この青年を見て、私たちはそれを楽しむ。」

マケレレは現在、ベルギー、ジュピラー・プロ・リーグの K.A.S. オイペンの監督を務めており、オイペンは土曜日に KRC ヘンクと対戦する。

一方、同日ジョゼ・モウリーニョ監督は、マンチェスター・ユナイテッドを率いてスタンフォード・ブリッジでチェルシーと対戦する。

引用元 Express、和訳者 cheren

 

コメント