マウリツィオ・サッリ、DFクリステンセンとFWモラタの今冬でのチェルシー退団報道を否定

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 West London Sport

チェルシーの DF アンドレアス・クリステンセンと FW アルバロ・モラタに関する今冬の移籍の噂が現地メディアから報道されていますが、マウリツィオ・サッリ監督はこの報道を否定したようです。

 

引用記事の和訳

マウリツィオ・サッリは、来年 1月にアルバロ・モラタとアンドレアス・クリステンセンがチェルシーを離れる可能性があるという報道を否定した。

The Sun の報道では、クラブでの最近の2試合でゴールを決めたにもかかわらず、チェルシーはモラタに対して我慢の限度を超えてしまったと主張している。

インテルの FW マウロ・イカルディと AC ミランのパトリック・クトローネが交代候補としてリストアップされていると新聞社が報じた。

「彼らは私のことをよく知らないと思う」とサッリはコメントした。 「現時点では移籍市場について考えることはできない。

「私はチームの改善と選手の改善、自分のチームに完全に集中している。

「先月、モラタはより上手くプレーしたと思う。過去 3日間で、私は
彼がトレーニングで非常にうまくやっているのを見てきた。」

一方、クリステンセンの父親は今週、クリステンセンの見過ごされる現状が継続するなら、来年 1月に DF がチェルシーを退団する可能性があることを示唆した。

「父親? 私には興味がない」と今シーズンこれまでのところダヴィド・ルイスとアントニオ・リュディガーのペアをディフェンス陣のファーストチョイスに指名しているブルーズのサッリ監督は語った。

「シーズンの最初の部分では、ダヴィドとアントニオは本当にうまくやっているので、変更するのは並大抵のことではない。

「ここ最近の 6試合でも、クリステンセンは 3試合に出場していると思う。

「彼の父親にとっては恐らくヨーロッパ・リーグは重要ではないのだろうと思う。しかし、私たちにはそれは重要だ。

サッリは、22歳のデンマーク代表 DF クリステンセンが将来の彼の計画の一部だと付け加えた。

「彼は非常に若く、彼は改善しなければならないと思う」とサッリは語った。

「彼はテクニカルな DF なので、彼は私のサッカースタイルにに適していると思う。将来は非常に頻繁にプレーできるようになると思う。」

引用元 West London Sport、和訳者 cheren

 

 

コメント