ダヴィド・ルイス、マンチェスター・ユナイテッド戦での試合を諦めない心を称賛

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Daily Star

マンチェスター・ユナイテッドとの対戦を終え、チェルシー DF ダヴィド・ルイスがマンチェスター・ユナイテッドの戦術を批判し、劣勢でも試合を諦めない自分たちのスピリットを称賛しているようです。

 

引用記事の和訳

ロンドン西部、スタンフォード・ブリッジで MF ロス・バークリーが 96分に決めたプレミアリーグの劇的な同点弾により、チェルシーはマンチェスター・ユナイテッドと 2−2 で引き分けた。

ユナイテッドの FW アントニー・マルシャルは、後半終了間際にバークリーが試合を降り出しに戻す前に決めた素晴らしい 2点のゴールで試合を振り返った。

バークリーのゴールのお膳立てとなったポストに当たったヘディングシュートをした DF ダヴィド・ルイスは、ジョゼ・モウリーニョとブラジル人の考えが否定的な戦術であったことを批判した。

チェルシーの DF は以下コメントした。

「試合の初めから勝利を目指していた。

「私たちはボールを支配して試合をコントロールし、いくつかのゴールを決めるためのスペースを作り出そうとした。彼らはカウンターアタックで防御してプレーするゲームプランだった。

「前半は、プレーしたのは私たちだけだったと思う。私たちは、試合を決めてしまうための 2点目のゴールを決めて、より良くできたかもしれない。しかし、特に大きな相手に対して、プレミアリーグで勝つことは決して容易ではない。

「私たちは 1得点しかできなかったので、チャンスを与えてしまった。後半には彼らが来て、ボールがプレーヤに触れてバウンドし、幸運なゴールになってしまった。

「得点した後、彼らはもう少し自信を持っていた。それはすごい試合だった。これが素晴らしいチームと対戦するプレミアリーグだ。だから我々は頑張って努力を続けなければならない。」

ルイスは次のように付け加えた。「私たちは 1−2 で負けていたとしても同点ゴールを目指して努力し続け、最終的にそれをものにできた。私はその精神が素晴らしいと思う。

「これは大きなクラブとの大きな試合だったし、いつもこうだった。私たちには 2点目のゴールを達成しようとする素晴らしいスピリットがあること、そして結果としてそれを成すことができたことを認識しなければならない。

「私たちは敗北を喫することなく多くの試合をこなせていることを嬉しく思う。しかしこれは単なる始まりなので、私たちはチームを改善しようと努力し続けている。」

チェルシーは、週末にバーンリー FC のスタジアム、ターフ・ムーアへ行く前に、木曜日にヨーロッパ・リーグでスタンフォード・ブリッジに BATE ボリソフを迎える。

引用元 Daily Star、和訳者 cheren

 

コメント