サッリの指導で最も進化した 3人の選手たち

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 sportskeeda

今シーズン就任した監督サッリの指導、および彼がもたらすサッカースタイルにより、昨シーズンから著しくパフォーマンスが改善された 3人の選手たちがメディアから紹介されているようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーはマウリツィオ・サッリの下で活気あふれるスタートを切った。ブルーズはまだこのプレミアリーグのシーズンで無敗を維持しており、すべての大会で競い合っている。イタリア人監督はチームを改善したことにより、個々の選手のパフォーマンスの上昇にも多大な影響を与えている。

チームは結束し、勤勉であり、非常に美しいサッカーブランドを実演している。サッリの注意深い観察眼によるトレーニングで、特定の選手は傑出したパフォーマンスを引き出しており、その改善は目に見えて明らかである。

以下、新監督によるサッカーを特に楽しんでいる 3人の選手を挙げる。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

エデン・アザール

エデン・アザールが世界でも最高峰の選手の 1人であることは間違いない。サッリの下で、ベルギー人はきらめくようにすばらしいパフォーマンスを維持している。サッリの 4-3-3 フォーメーションは、アザールが左サイドで自由にプレーできるスタイルとなっている。記者会見でも、サッリはアザールがボールを深い位置でピックアップするよりも、彼が高い位置に留まる必要性を強調していた。

これは、アザールの最終結果がゴールとアシストの面で拡大されたことを意味している。サッリの下でチェルシーにとってアザールの重要性が増していることは、最高のものがベルギー代表からもたらされていることを意味する。アザールは、チェルシーにとってのベストシーズンである今シーズンをとても簡単に楽しむことができるだろう。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

アントニオ・リュディガー

アントニオ・リュディガーは、常に堅実な DF であるといえる。彼は昨シーズンにチェルシーに移籍する前は AS ローマに所属していた。彼はチェルシーでの悲痛に対して特に非難されることはなかったが、チェルシーの殆どの選手たちと同様に彼も困難なシーズンに耐えた。

今シーズン、ドイツ人 DF はアザールに次いでチェルシーでの最も優れた選手となった。リュディガーはしっかりとした信頼性の高い防御を行ってきたことにより、彼の成熟度が上昇している。

彼のポジショニングとパスも改善され、速く短いパスに重点を置くサッリのシステムに不可欠な歯車をしっかりと演じている。

ガリー・ケーヒルの全盛期が過ぎ、ダヴィド・ルイスも依然としてミスを起こしやすい状態にあり、リュディガーはチェルシーの長年のディフェンスで何度もこのようなパフォーマンスを見せつけている。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

ロス・バークリー

ロス・バークリーは、エバートン FC で彼にとって大躍進となったシーズンに続き、乾ききった時期を過ごした。怪我やピッチの問題は、バークリーの成長の可能性を妨げてしまっている。

サッリが重用する 3人の中盤では、バークリーは box to box の MF の役割を担当しており、このポジションをマテオ・コヴァチッチと頻繁にローテーションしている。バークリーは、このポジションにフィットし、熱中しているように見えており、心強いパフォーマンスを発揮している。

チェルシーのファンは、チェルシーが今後のシーズンでのタイトル獲得に挑戦するようになるにつれ、彼の着実な成長が続くことを期待している。彼が頑張って選手として成長する限り、バークリーは最高峰の MF として名を轟かせるはずだ。

引用元 sportskeeda、和訳者 cheren

 

コメント