チェルシーはアルバロ・モラタをクシシュトフ・ピョンテクと置き換えるのか

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 The Guardian

現地記事では、チェルシーが FW アルバロ・モラタに代わってセリエA ジェノア CFC のクシシュトフ・ピョンテクを来年 1月に獲得しようとする噂が大きくなっているようです。また、前監督コンテにも、レアル・マドリードの監督に就任するかもしれない噂が報じられているようです。

 

引用記事の和訳

チャーリー・ブラウンのような散歩をしているアルバロ・モラタを見るのはもううんざりだったマウリツィオ・サッリは、1月に新しいストライカーと契約する予定だ。チェルシー監督は、現時点でジェノア CFC のクシシュトフ・ピョンテクに目をつけている。23歳の選手はシーズン開始後、既にクラブと代表チームで 10ゴールを挙げている。一方、モラタは、とても悲しく見えるだけの相手チームの守備陣への威圧を試み続けている。

移籍ウィンドウが開いたときにチェルシーが忙しくなる可能性がある。彼らは先週日曜日のミラノダービーにスカウトを派遣し、AC ミランの 23歳でキャプテンを務める CB アレッシオ・ロマニョーリを視察した。

しかし、チェルシーの予測からの本当に大きなニュースは、レアル・マドリードがフレン・ロペテギからアントニオ・コンテに置き換えようとしているかもしれないということだ。ただ、コンテの就任でも、来年の夏、エデン・アザールにベルナベウへの移籍を納得させるのは難しいだろう。イタリア人のスタンフォード・ブリッジでの終焉により、アザールはコンテの最大のファンではなくなってしまった。

彼らがアザールを逃してしまう可能性を恐れて、マドリードは偶然にも偶発的な計画を立てている。もちろんこれは、Mill が欧州のチャンピオンをネイマールの大規模な動きに結び付けることになっている点だ。しかし、今日のパリ・サンジェルマンについては何もない。代わりに、レアル・マドリードは LA ギャラクシーの FW ズラタン・イブラヒモビッチに対して 1月の入札を準備していると言われている。スウェーデン人は現時点で MLS で最高の元マンチェスター・ユナイテッドのストライカーですらないという注目を免れたようだ。

リバプールの FW ディヴォック・オリジを覚えているだろうか。ベシクタシュ JK とフェネルバフチェ SK は彼をターゲットとして追っており、ユベントス FC はレアル・マドリードから SB マルセロを 4000万ポンド(約58.4億円)での獲得を模索している。そしてレスター・シティ FC は、スコットランドの U-21 DF であるハンブルガー SV のデイビット・ベイツを注視し続けている。

引用元 The Guardian、和訳者 cheren

 

 

コメント