マウリツィオ・サッリが未来を見据えるチェルシーの8人のアカデミースター

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

アカデミーから輩出される優秀な若手選手たちに対する待遇で方々から批判を浴びているチェルシーですが、現地メディアがチェルシーユース出身の有望な選手たちを 8人ピックアップし、紹介しているようです。

 

引用記事の和訳

ブルーズは選手育成能力を有する驚くべきアカデミーを保持している。

ここ数年、チェルシーのアカデミーは、昨年の FA ユースカップや U-18 プレミアリーグでの着実な勝利を収め、UK のユースシステムを完全に支配してきた。

彼らはまた、UEFA ユースリーグでも優勝に近づいた。スイス・ニヨンで行われた決勝ではバルセロナ FC に負けたものの、もう一度彼らが今 UK で最強のユースチームであることを証明している。

しかし、ブルーズはこれらの選手たちの扱いに対してたくさんの批判を受けている。彼らが育成する選手はレンタルで各クラブに送られ、まず実際にチェルシーのファーストチームに進むことはない。

ブルーズは現在レンタル先でプレーする選手が 40人居るが、football.london はマウリツィオ・サッリが将来を見据えているだろう数人のアカデミー出身選手を見てきた。

引用元 football.london、和訳者 cheren 

GK マルシン・ブルカ

若手 GK はチェルシーのプレシーズンツアーに参加し、フレンドリーマッチで GK ウィルフレード・カバジェロと責務を分かち合う形で試合出場のチャンスを得た際に強い印象を与えた。

19歳のポーランド人 GK は、ヨーロッパ・リーグでの登録メンバー一員でもあり、GK ロブ・グリーンに代わって 第3 GK のポジションを得た。これにより、ブルーズは自国の別の選手をチームに加えることができた。

背が高く機敏なブルカのシュートストップ能力はチームに強い印象を残しており、彼は引き続き高い評価を得て、ファーストチームの登録メンバーに名を残している。

引用元 football.london、和訳者 cheren

MF イーサン・アンパドゥ

エクセター・シティ FC のトップチームから最大 250万ポンド(3.6億円)で獲得した選手は、長期的にはチェルシーの最大のバーゲンセールの 1つとなる可能性がある。

現在 18歳のアンパドゥの進歩は、チェルシーよりも彼のウェールズ代表選手としての面の方実際にが目立っている。今シーズン、ウェールズ代表として 3試合に出場しているが、ブルーズのファーストチームではまだ登場していない。

アンパドゥはすべてのユース選手の中で最もファーストチームでプレーする準備が整っているように見えており、今シーズン、アンパドゥの扱いに対してサポーターからの不満が増えている。しかし、まだ彼はそのチャンスを与えられていない。

状況は最終的に変わるだろうが、このヤングスターとファンのためにも、忍耐力が必要かもしれない。

引用元 football.london、和訳者 chere

FW カラム・ハドソン=オドイ

チェルシーのファンが知らないハドソン=オドイについては、これ以上言えることは無い。そしてサポーターの間で心配されているのは、彼にプレー時間が与えられなければ、彼は引き抜かれて移籍してしまうということだ。

17歳のウィンガーには明るい未来が待っている。彼はプレシーズン中に素晴らしいパフォーマンスを証明し、アーセナル戦でにエクトル・ベジェリンを完全に打ち破った。

しかし、コミュニティシールド以来、イングランドでプレーする MF ジェイドン・サンチョやマンチェスター・シティFC でチャンスを得ている MF フィル・フォーデンのように、まだファーストチームでプレーしていない若者に対して最初のチャンスが与えられていないことはまだ説明されていない。

ブルーズは、今からクリスマスにかけて過密日程となる試合スケジュールが予定されており、ハドソン=オドイは少なくともいくつかの出場機会を得るチャンスがあると思われるが、 来年 1月の移籍市場で彼がレンタルに出される可能性が高い。

引用元 football.london、和訳者 cheren

MF ビリー・ギルモア

2017年の夏にグラスゴー・レンジャーズ FC から西ロンドンへ渡った後、チェルシーでよく成長している若いスコットランド人選手についてたくさんの話がある。

彼は一番のセントラル MF ではないかもしれないが、彼は確かに非常にテクニカルな才能があり、過去 2シーズンで数々の素晴らしいフリーキックで決めたゴールのクリップがある。

17歳のギルモアは、直近のインターナショナル・ブレイクでスコットランド U-21 代表としてイングランド戦で先発した。

未来は若者にとって非常に明るく、彼は 2020/21 シーズンの終わりまでクラブとの最初のプロの契約を結んだ。

引用元 football.london、和訳者 cheren

DF タリック・ランプティ

ランプティは U-7 の年齢からクラブに所属していたが、今シーズンは、18歳となった選手がにもっと攻撃的になってきているようだ。

彼は守備能力でもプレーできるが、ランプティの上記のビデオは、彼が持っている能力とすばらしい技能を示している。非常に速く、彼の足でボールを持つ優れたテクニックは、ランプティの将来に別のエキサイティングな見通しを示す。

引用元 football.london、和訳者 cheren

MF ルーク・マコーミック

アカデミー初期ではストライカーだったマコーミックは、現在セントラル MF としてプレーしている。しかし、昨年 UEFA ユースリーグでのカラバフ FK 戦で達成したハットトリックでも証明されたように、まだゴールに対する鋭い目を示している。

マコーミックはまた、昨年実施されたチェックトレード・トロフィーのグループステージでもチームのメインメンバーだった。しかし、ノックアウトステージではあまりプレーしなかった。

引用元 football.london、和訳者 cheren

MF ジョージ・マクイクラン

元チェルシー選手ジョシュ・マクイクランの弟、ジョージは兄の育成の足跡を追いかけているが、彼のプレースタイルでも同様の特性のいくつか持っている。

立派な左足によるスタイリッシュなボールテクニックを持つ 18歳の青年は 10番のポジションに上がるのが好きで、スペースにボールを動かしてチャンスを演出する。

彼はまた U-17 ワールドカップでの勝者の 1人であり、今シーズン終了までブルーズと契約している。

引用元 football.london、和訳者 cheren

FW デイショーン・リダン

見る者を楽しませるゴールを決める若いオランダのストライカー、デイショーン・リダンには将来の成長について多くの興奮がある。

17歳の選手は 2017年の夏に AFC アヤックスからチェルシーへ移籍し、新しい国でチームメイトと居住する必要があったリダンは、本当に自分ができることを示し始めた。

彼はその調子を継続し、最近 2試合で 5得点を挙げている。ストライカーはまた、その側面を垣間見せている。

偉大なペースとフィニッシュ能力で、彼はそんなに遠くない将来にチェルシーのファンが語るほどの名前だということは間違いないだろう。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント