ジャンフランコ・ゾラ、監督マウリツィオ・サッリの右腕としての3ヶ月間を語る

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 TEAMtalk

新監督マウリツィオ・サッリの右腕として助監督を務めるチェルシーのレジェンド FW が、助監督として生活した 3ヶ月間での彼から見たサッリの様子について現地メディアのインタビューに応えたようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーの助監督を務めるジャンフランコ・ゾラは、マウリツィオ・サッリの右腕としての生活の様子を明らかにした。

サ今年 7月にアントニオ・コンテに代わってナポリから西ロンドンへ赴任したサッリの初仕事は、ブルーズの FW ゾラを自分の右腕に任命することだった。

元イタリア代表のゾラは、1996年から 2003年までの間に 300試合以上の試合出場を果たし、80ゴールを挙げている。

そして、UEFA カップ・ウィナーズカップ、スーパーカップ、2回の FA カップ、リーグカップで優勝した。

サッリとの 3ヶ月にわたる仕事を通じて、ゾラはイタリア人監督がこれまでどおりに細心の注意を払っているとコメントしている。

「それはたくさんのことだ。彼が言う細かなレベルまで。彼は本当に何も偶然残さない。だから、選手たちがピッチに出たとき、選手たちは何をしなければならないかを知っている。それは大きな助けになる。」ゾラは Soccer AM に語った。

「彼は対戦相手について丸裸にすることに夢中になっている。そして、すべてを準備するためにピッチに行く。

「彼はプレーヤーを介してプレーヤーを知っている。 対戦相手のすべての主要選手、彼らとるディフェンスの方法、彼らがどのように攻撃しているのか、それゆえプレーを止めるために行うすべて、それらの周りのプレー、多くの仕事がある。」

Sky Sports の番組担当者は、サッリが彼に宿題を与えるかどうかをゾラに尋ねたが、ゾラは笑いながら応えた。

「私は止められない。過去 2ヶ月で、私は過去 5年間よりもたくさんの試合を見ている。」

引用元 TEAMtalk、和訳者 cheren

 

 

コメント