マウリツィオ・サッリの記者会見: BATEボリソフ戦、アザールの負傷、マルコ・イアニについて

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 football.london

ヨーロッパ・リーグ第3戦を翌日未明に控えたチェルシーの監督マウリツィオ・サッリがコブハム練習場での現地メディアのインタビューに応じたようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーの監督は、コブハムでのメディアのインタビューに以下のように応えている。

 

これまでに2勝2勝で、この大会では非常に良く見えた…

「ヨーロッパ・リーグでのこの 2試合は難しかった。彼らは簡単な相手ではない。シーズン中、この対戦相手はわずか 4回しか負けていないと思うので、私たちは別の難しい試合をするために心を準備しなければならない。今シーズン、彼らがホームから遠ざかった方がずっと難しい相手になるだろう。」

 

前回と同様のチームが組めるか?

「わからない。最後の試合からこの試合まで 5日間離れているので、この試合については大きな問題ではない。問題は日曜日にあり、65時間後にまた試合をしなければならない。私たちは何かを変えなければならないだろう。例えば、ジョルジーニョは代表チームでの 2試合で 90分間プレーしたので今は休む必要があり、最後の試合では 90分間プレーした。私は彼に休息を与える時だと思う。」

 

マルコス・アロンソの新しい契約については喜んでいるのではないか?

「私は彼にとても満足している。彼はヨーロッパで最高峰の左 SB になることができると思う。彼が 5バックでプレーしたときには彼の防御フェイズについて改善する必要があると思うが、今彼は 4バックでプレーする。彼が改善することができれば、彼はヨーロッパで最高の左 SB となるだろう。」

 

マルコ・イアニが FA によって罰金を課されたことに驚いているか?

「試合後に言ったように、私たちは間違っていた。マルコがモウリーニョと話をしたとき、私はそこにいた。彼はすぐに申し訳なく謝罪した。彼が間違っていたことが分かったのは本当に大事なことだった。
私は彼をとてもよく知っているので、彼に別の機会を与えたい。私は彼が本当に残念であり、間違いを認識したことをよく知っている。誰もが間違いを犯すことはあるが、その失敗から学ぶ必要がある。彼はそれができると思う。私は彼をとてもよく知っているので、私は確信している。私はここでの経験がないので、FAについてはわからない。
私たちは間違っていたので、その結果を受け入れる必要がある。」

 

クラブからの罰は課されたか?彼はダグアウトに座ることができるか?

「わからない。もし彼に別の機会を与えられるなら、それは完全な機会になるだろう。私は FA の決定を尊重したいと思う。それから決めるつもりだ。」

 

明日、エデン・アザールは出場できるか?

「いいえ。彼は出場しないだろう。彼は背中に問題を抱えている。
私たちは日曜日に問題を解決しようとしている。それはあまり簡単ではない。他の 1つは、膝に不安を持つアンパドゥだ。」

 

アザールに対してマンチェスター・ユナイテッドがあまりにも積極的だったと思ったか?

「わからない。私はとても多くのイングランド・サッカーが好きだ。私はそれが正常だと思う。マンチェスター・ユナイテッドには問題はない。」

 

明日の試合で選手を何人ローテーションさせるつもりか?

「ジョルジーニョは確実だ。問題は 65時間後の次の試合なので、私は非常にうまく考える必要がある。私たちは注意する必要がある。おそらくは 5人または 6人だろう。」

 

若い選手にチャンスを与えるか?

「アンパドゥが外れ、クリステンセンがピッチに入るだろう。オドイについては分からないが、ロフタスはおそらく出場するだろう。」

 

すべての選手が十分な出場時間を取れるかについて心配しているか?

「私はクリステンセンの父親には答えたくないので、あなたが話していることは分からない。私はアンドレアスに答えたい。この 4人のディフェンダーのようにチェンジさせるのに、この期間のローテーションは私にとって容易ではない。私たちはたくさんの仕事をしなければならない。簡単ではない。現時点でのローテーションはヨーロッパ・リーグだが、将来的にはそれは変わってくるだろう。」

 

アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドに対抗するには、チームはあなたが望むより少し不足していると言っていたが、最高のチームと対戦するのに改善させる必要がある箇所はどこか?

「もちろん、ハイレベルのチームを戦うことは容易ではない。私たちは確実に改善する必要がある。直近の試合の後半では、失ったボールをすぐにカバーすることができなかった。ディフェンス・ラインを下げなければならなかったので、チームは前半のように短くコンパクトにできなかった。私たちは改善する必要がある。ボールに近づくことは非常に重要だ。そうでなければ、ショートパスをプレイすることができないため、ディフェンスのフェーズに問題がある。短くコンパクトにするために 90分改善する必要がある。サウサンプトン戦では、ラスト 25分間で同じ問題を抱えていた。」

 

あなたは自らの失敗から学ぶイアニについて話したが、あなたが間違いから学んだ例として、自身のキャリアから一例を挙げられるか?

「誰もが間違いから学ばなければならないと思う。私は今は 35歳の時よりも良くなっているだろう。そうでなければ私は愚かな男だ。私の間違いから学ぶことができなければ、私は愚かだと思う。」

 

イタリアではその一例があるか?

“私は 100 あると思う!私はこのような間違いを覚えていないが、
間違いの種類は重要ではない。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

 

コメント