サッリ、ハットトリックのロフタス=チークについて「ファーストチームで起用するのは難しい」と認める

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Independent

昨日行われたヨーロッパ・リーグ第3戦 FC BATE ボリソフ戦で自身初のハットトリックを達成したルーベン・ロフタス=チークについて称賛しつつも、監督のマウリツィオ・サッリは彼のファーストチームでの起用は依然難しいとコメントしているようです。

 

引用記事の和訳

マウリツィオ・サッリは、ロフタス=チークが未だ多くの攻撃的なミッドフィールダーを持つのと同じ「戦術的な問題」を抱えていると発言した。

チェルシーのドレッシングルームでは、彼が BATE ボリソフ戦でキャリア初のハットトリックを達成したルーベン・ロフタス=チークへの拍手に包まれた。しかし、それでも彼がスターティング・イレブンを獲得することを意味するわけではない。

マウリツィオ・サッリは、彼がまだ多くの攻撃的な MF と同じ “戦術的な問題”を抱えており、彼がチームにすべてフィットするためには、この若い代表選手、あるいはジョルジーニョ、コヴァチッチ、セスク・ファブレガスは試合の「守備フェーズ」を改善しなければならないと語った。

サッリは、チームには守備的 MF としてエンゴロ・カンテ一人しかいないことを指摘し、ロフタス=チークのゴールとパフォーマンスは、単に彼にもっと大きな課題をクローズアップしている。

この MF は今シーズン、リーグではたった 2回の途中出場のみでほとんど機能しなかったが、サッリはロフタス=チークが監督のアイデアにどのように適応しているように見えるかについて語り、彼を賞賛した。

「彼はとても、とてもよくプレーした」とサッリは語った。

「私はシーズンが始まる前から攻撃的なフェーズではすばらしいと思っていて、私は彼が本当に素晴らしい選手だと言った。今でも同じだと思うが、彼が私のサッカーにもっと適しているかもしれないと考えている。彼は改善の途中であるが、防御段階を改善する必要があると思う。しかし、それはロフタスだけでない。

「現時点では、私たちには 2つのポジションに 4人の MF が居る。そのなかで 3人は同じ特性を持ち、より良い 3人の攻撃的 MF だ。カンテだけが守備的な MF で、同じ特性の攻撃的 MF を 4人一度に組み入れることは非常に難しい。ただ、私は将来それを行うことができるようになることを願っている。それには選手の協力が必要であり、守備フェーズで改善が必要だ。」

選択のジレンマを強制するプレイヤーの改善についてサッリは言った。「私はこの種の問題がとても好きだ。」

「もちろん彼はとても良い選手だが、少し問題がある。私はスターティング・イレブンに 11人のプレイヤーを選ばなければならないが、28人のプレイヤーがいる!この小さな問題、私は解決する方法を知らない。

16、17人を選べるように頼めばいいか?私が前に言ったように、私は中盤で戦術的な問題を抱えている。 同じような特性だ。多分、将来私は彼らといつも一緒にプレイし、ロフタスもプレーすることができるだろう。

「もちろん、彼はアカデミー出身で、ファンが彼を愛していることは分かっている。それは正常で、私の問題も同じだ。これら 3人の MF の守備フェーズを改善することなく、戦術的な問題を解決することは非常に困難だ。我々はトライすることができる。私たちは仕事をする必要がある。私には選手たちの協力が必要だ。」

引用元 Independent、和訳者 cheren

 

コメント