チェコの大富豪ケルナー、チェルシー購入交渉の噂が報道される

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 bne Intellinews

チェルシーの売却報道について以前からジム・ラットクリフを始めとする様々な噂が報道されていましたが、チェコの大富豪ペトル・ケルナーが新たにチェルシー購入交渉を行うとの噂がチェコの報道機関から報じられたようです。

 

引用記事の和訳

チェコ共和国の最も豊かな人、ペトル・ケルナーと投資グループP PFのオーナーは、ロシアの新興財閥のローマン・アブラモビッチと会談して英国最高のサッカークラブチェルシーを購入する可能性があると
チェコのニュースサーバー Tyden.cz は 10月 25日木曜日に報じた。

別のニュースサーバー Lidovky.cz (LN) によると、チェコの億万長者は 50%の株式を購入する意向であると報じている。

「Tyden.cz のロンドンのニュースソースによると、交渉の第1ラウンドは近いうちに行われるはずだ。」とニュースサービスは起稿している。「これまでのところ、価格に関する考えは合意されていない」と、LN の銀行部門の匿名の人物は語った。「『アブラモビッチ』は 『30億ポンド(約4300億円)』での売却を希望し、もう1人は『10億ポンド(約1430億円)』で購入しようとしたと伝えられている。」

bne IntelliNews は以前、アブラモビッチが英国プレミアリーグサッカークラブ、チェルシーの売却に30億ポンド(約4300億円)を要求し、今年初めに既に 23億ドル(約3290億円)の入札を拒否していると報じた。

ロシア新興財閥と交流のある匿名の人物は、英国上流社会への道を買う方法と同様、クラブが長い間彼の強迫観念であったように「彼はそれを喜んではやらない」とブルームバーグに言った。

アブラモビッチは 2003年にクラブを 1億4000万ポンド(約200億円)で買収した。彼は英国のタブロイドにすぐに「チェルスキー」とニックネームを付けられた。ボリス・エリツィン元大統領の娘タチアナ・ユマシェワ(旧姓・ディアチェンコ)と一緒に、1990年代末にロシアを効果的に運営した新興財閥は、いわゆる「家族」派閥の一員として、そして「クレムリンの出納係」として知られていた。アブラモビッチが引き継いでから 11億ポンド(約158億円)以上をクラブに投資して以来、プレミアリーグでの 5回の優勝と UEFA チャンピオンズ・リーグでの優勝を収めた。他の報道では、アブラモビッチのクラブへの投資は 85億ポンド(1兆2800億円)と推定されている。

ロシア新興財閥の英国投資家ビザは、現在、英国とロシアの関係が悪化している中で厳しく監視されている。これに対応し、アブラモビッチはイスラエルのパスポートを求め、獲得した。

Tyden によると、ロシアスパイのセルゲイ・スクリパリの毒殺行為を原因とする圧力のために、アブラモビッチはチェルシーへの行動を妨げられている。

英国のすべてのロシア人が「プーチンの人民」となった。そしてアブラモビッチは、2000年の大統領選挙でエリツィンの後任として現在の仕事に就くプーチン大統領と手を組んだと考えられている派閥の一人であり、特にプーチンに近い存在である。

アブラモビッチは今年初めに英国に「黄金の」投資ビザの更新を依頼し、イスラエルのパスポートを申請して受け取ったため、一度に 60日以内の英国のビザを受け取ることができる。

英国の専門家、LN の報告によると、クラブは 39億ポンド(5580億円)で評価されている。フォーブス誌によれば、ケルナーの資産はこの価値の 3倍の価値があると伝えられている。

人前に姿を見せないケルナーはまた、チェルシーのビッグなファンであり、ロンドンのスタンフォード・ブリッジ・スタジアムで最も高価な特別観覧席の 1つを所有していると言われている。彼はまた、アブラモビッチのとても良い友達である。ケルナーの PPF は、銀行、保険、農業、および産業分野においてロシアの多大なビジネスでの利益をもたらし、彼はロシアの新興財閥と定期的に連絡を取っている。

アブラモビッチは現在米国の制裁を受けていないが、彼の名前は「制裁」の一部として制裁対象の新興財閥のリストに追加される可能性があると言われており、今秋、ロシアに課される可能性がある。

引用元 bne Intellinews、和訳者 cheren

 

コメント