クルトワ、コンテを新監督に据えようとするレアル・マドリードの動きを懸念

Chelsea
MADRID, SPAIN - SEPTEMBER 29: Goalkeeper Thibaut Courtois (L) of Real Madrid CF clashes with Diego Costa (R) of Atletico de Madrid during the La Liga match between Real Madrid CF and Club Atletico de Madrid at Estadio Santiago Bernabeu on September 29, 2018 in Madrid, Spain. (Photo by Gonzalo Arroyo Moreno/Getty Images)
スポンサーリンク

画像出典元 Read Chelsea

今シーズンからラ・リーガのレアル・マドリードに移籍した元チェルシー GK ティボー・クルトワは、現監督フレン・ロペテギに代わってレアル・マドリードが元上司だったアントニオ・コンテやジョゼ・モウリーニョを監督にしようと動いている噂に動揺しているようです。

 

引用記事の和訳

元チェルシーの GK ティボー・クルトワは、レアル・マドリードでアントニオ・コンテまたはジョゼ・モウリーニョの下でプレーする可能性を懸念していると言われている。

元チェルシーの監督だった 2人は、レアル・マドリードで厳しいスタートをきったフレン・ロペテギ監督に圧力をかける形でレアルの監督ポジションと深く結びついている。

コンテは、現在フリーとなっている監督という視点で見ると傑出した候補である。イタリア人はスペインでロペテギに代わって監督に就任する可能性について、連絡を受けていると言われている。

サポーターから悪感情を残してチェルシーを去ったクルトワは、コンテまたはモウリーニョとの関係を最高に楽しんではいなかった。

しかし、多くのブルーズファンを確実に喜ばせる主張では、ベルギー人は今、再び 2人のうちの 1人と一緒に働くという見通しに直面しているという。

Football Espana の報告によると、スペインの新聞紙エル・パイスは、ベルギー人がレアルの監督にまつわる噂について懸念を表明していると伝えている。

「信じられない。ここで私はコンテとモウリーニョと一緒に仕事をしたことのある唯一の選手だ。私はロンドンから去って、そのようなものをもう一度経験しなくてもようにしたのに、今コンテが来ることが判明し、そうでなければモウリーニョが出てくる。」

引用元 Read Chelsea、和訳者 cheren

 

 

コメント