ウィリアン、チェルシーはサッリの下で誰も恐れないクラブになったと語る

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 FourFourTwo

昨シーズンは前監督アントニオ・コンテとの確執が取り沙汰されていた FW ウィリアンですが、今シーズンは新しく監督となったマウリツィオ・サッリの下でのびのびとプレーしています。そんな彼がサッリへの信頼を地元メディアに語っているようです。

 

 

引用記事の和訳

ブラジル代表 FW ウィリアンによると、チェルシーの復活と印象的なプレースタイルは、マウリツィオ・サッリのおかげだと言う。

経験豊富なウィンガーのウィリアンは、チェルシーをプレミアリーグのビッグ・クラブを恐れない組織に変貌させたマウリツィオ・サッリはすべての賞賛に値すると語っている。

チェルシーは元 SSC ナポリの監督サッリのもとで無敗を続けている。彼らは日曜日にバーンリーを訪れ、タイトル競争相手のマンチェスター・シティ FC とリバプール FC にプレッシャーをかけるチャンスを得た。

先週末のマンチェスター・ユナイテッドとの劇的なドローは、9回のリーグで7回目となった。彼らのポゼッションを重視するプレースタイルは、少なくとも 2つのゴールをもたらした。

アントニオ・コンテの下で時々損なわれてきたクラブの威厳は戻ってきたように見える。各試合に出場しているウィリアンは、サッリその称賛に値すると考えている。

「今シーズンはプレミアリーグで誰も恐れずにプレーしている。私たちは最後まで戦うチームになっている。私たちはそれをやるつもりだと確信している。」と30歳の選手は Sky Sports の Soccer Saturday に語った。

「こ非常に良いスタートだった。私たちは良いサッカーをしてきたし、これはすべてサッリの実績だ。

「彼の指導は良いサッカーをすることに関するもので、彼は私たちにもっと多くの機会を与えて、より多くの品質を示してくれた。

「皆がチェルシーは良いチームだと感じている。サッリは非常にポジティブで、非常に知的で、私たちと常に話しているとても良い監督だ。

「時々彼は多くの楽しみと冗談を言い、ときには雰囲気を高く保ってくれる。」

木曜日に行われたヨーロッパ・リーグで FC BATE ボリソフを 3-1で快勝した後、チェルシーはターフ・ムーアへ勝利に向けて出立した。

引用元 FourFourTwo、和訳者 cheren

 

@chelseafc で 250試合に出場できてとても嬉しい!すべてのファンとサポートしてくれる皆、ありがとう。スタッフとチェルシー FC の経営陣と私のチームメイトに感謝!

引用元 twitter、和訳者 cheren

 

コメント