コヴァチッチ、来年夏以降の去就は「まだ早い」とコメント

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Evening Standard

今夏、レアル・マドリードからシーズン・レンタルでチェルシーに加入した MF マテオ・コヴァチッチは、マウリツィオ・サッリのサッカーに適応し、活躍を見せています。そんな彼が来年夏以降の去就とロンドンでの生活の状況を現地メディアのインタビューに応えたようです。

 

引用記事の和訳

MF マテオ・コヴァチッチは、最後のシーズンで主に交代要員としてのポジションだったレアル・マドリーからシーズンレンタル移籍で移籍し、すぐにプレミアリーグに適応した。

コヴァチッチはチェルシー監督マウリツィオ・サッリの下で定期的な試合出場を与えられており、クロアチア代表が来年の夏以降もクラブに留まるかどうかについて、早くも疑問が浮上している。

チェルシーが来年の夏にコヴァチッチを購入する選択肢を持っているかどうかは不明だが、選手はスタンフォード・ブリッジでうまくプレーしている。

来年の夏以降、チェルシーに留まるかどうかについて尋ねられたとき、コヴァチッチは以下のように応じている。

「これらの質問にはまだ早すぎる。私はここで非常に満足している。

「『定期的にプレーする』ことは良いが、私は少し疲れている。私は 3〜4 試合ごとにプレーすることに慣れていなかったし、ここでは非常にタフなサッカーだ。

「どの対戦相手にもリラックスできないので少し難しいが、本当に楽しんでいる。素晴らしいチームと素晴らしいファンがあり、街も素晴らしい。私はここが好きだ。

「私は周りを回って、私は街を楽しむ。街は大きいので、私はまだそれを十分に見て回れていない。私は街をもっと知ることを楽しみにしている。 私はそれを楽しんでいる。これまで見た中で最も興味深いのはスタジアムだ。

「私は特別なことはしない。私はトレーニングとあらゆる試合のために準備する必要があるので、私はコブハムで多くの時間を費やす。それ以降は家に帰って妻との時間を楽しむ。

「何も特別なことはなく、私たちは夕食に行くし、私たちは街に住んでいるので街中をたくさん歩いている。私の家族は街を楽しんでいる。それは私にとって最も重要なことだ。」

引用元 Evening Standard、和訳者 cheren

 

 

コメント