チェルシーの中盤が羨望の的である可能性

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 Vital Chelsea

ここ最近の試合でハットトリックを含む大活躍をみせた MF ルーベン・ロフタス=チークや MF ロス・バークリーを筆頭に、チェルシーの中盤の選手は目覚ましく活躍していますが、その中盤に関する補強の噂が現地メディアより明らかにされているようです。

 

引用記事の和訳

直近の 2試合で 4ゴールを挙げたルーベン・ロフタス=チークは、自身のポジションである MF で序列のトップに伸し上がれる可能性を確認した。次のシーズンにチェルシーのブルーを着ている可能性のある他の 2人の MF について、新聞のコラムの紙面が生成されているのがやや驚くべきことだ。

最初のニュースは Express がニュースソースのアーセナル MF アーロン・ラムジーに関するもので、チェルシーが 27歳の MF をスタンフォードブリッジに迎え入れることに興味を持っているとのことだ。この選手には、マンチェスター・ユナイテッドも関心があることをほのめかしている。

豊富な形態を見せるロス・バークリーと影から現れるロフタス=チークが居るなかで、ラムジーのサービスは必要なのだろうか?

2つ目のニュースは、レアル・マドリードからシーズンレンタルでチェルシーにやってきた 24歳の MF マテオ・コヴァチッチだ。

チェルシーでのキャリアにおいて程良いスタートを切ったコヴァチッチは、Standard の何かで報道された西ロンドンへの永久移籍にリンクしている。この記事には、彼がロンドンでの生活を愛していることを示唆したクロアチア代表のインタビューが掲載されている。

「素晴らしいチームと素晴らしいファンで、街もすばらしい。 私はここが大好きだ。

「私は周りを回って、私は街を楽しむ。街は大きいので、私はまだそれを十分に見て回れていない。私は街をもっと知ることを楽しみにしている。 私はそれを楽しんでいる。これまで見た中で最も興味深いのはスタジアムだ。」

なお、コヴァチッチがチェルシーへの完全移籍の決断は時期尚早だと主張していることを指摘しておかなければならない。

しかし、すでにバークリーとロフタス=チークについて言及してきたが、英 2部のチャンピオンシップでは、ダービー・カウンティ FC のフランク・ランパード監督の下でメイソン・マウントが大きな進歩を遂げていることを忘れてはならない。

チェルシー・フットボール・クラブの中盤の選手には、移籍の話を除けば確かに良く見えるものがある。

引用元 Vital Chelsea、和訳者 cheren

 

コメント