ゾラ、ダービー戦に先立ってランパードやチームの近況などについて語る

Chelsea
スポンサーリンク

画像出典元 West London Sport

明日未明に行われるカラバオ・カップのダービー・カウンティ FC 戦を目前に控え、助監督のジャンフランコ・ゾラが対戦相手監督のフランク・ランパードや怪我人の状況等についてインタビューに応じたようです。

 

引用記事の和訳

チェルシーの助監督ジャンフランコ・ゾラは、スタンフォード・ブリッジで開催されるカラバオカップでのフランク・ランパード率いるダービー・カウンティ FC 戦にに先んじて、火曜日のメディアカンファレンスでいくつかの問題について話した。

 

ランパードがブリッジに凱旋した

「彼にとっては大きな夜になるだろうと確信している。私がウエストハムに最初に戻ったときによく似ている。彼は非常に楽しみにしているだろう。

「私たちはそれを楽しみにしている。彼を歓迎できてとても嬉しく思う。彼はクラブのレジェンドであり、クラブのために多くのことをしてくれた。そして、私たちは本当に彼がコーチとしてうまくいっていることを願っている。

「個人的には、私は何年も前に彼を仲間として迎え入れてくれて嬉しく思っている。ピッチだけでなくトレーニングの場でも私たちは一緒に時間を過ごした。

「彼がうまくやっていることは驚きではない。彼は常に試合に対して大きな姿勢で臨んでおり、この試合では良いものになるために何をしなければならないかを考えているので、彼はサッカーの新しい役割でもうまくいくだろう。

「コーチとして成功するには物事を考える能力が本当に必要なので、誰かがこの(管理)ポジションで将来を見ているのを見ることができると思う。

「フランクはいつもこの能力を持っていたようだった。彼は多くの身体性と専門性を持っていた選手だったが、彼はピッチだけでなくピッチの外でも多くのエネルギーをサッカーに費やした。

「これらの資質は彼がやっている仕事にとって非常に重要であり、それはとてもうまくいくと私は思う。」

 

ジョディ・モリスについて

「私は絶対にジョディを忘れたくはなかった。私はジョディが彼(ランパード)に完璧にマッチすると思う。

「彼に出会えなかったので、私はジョディをコーチとして知らない。だが、ここのクラブの誰もが彼のコーチング能力について非常に高く話している。

「ダービーのプレーから見ると、彼らは本当に素晴らしい仕事をしている」

 

ダービーについて

「私たちは彼らを研究し、どのようにプレイするのかを考えている。私たちは彼らの強みを知っており、私たちはそれに取り組んでいる。

「非常に良いチームだとわかっているので、私たちは確かに彼らの力量をリスペクトしている。彼らには良い選手がいる。私たちは彼らに多くの敬意を払って試合をしなければならないだろう。さもなければトラブルが起こるだろう。」

 

エデン・アザールについて

「彼は確かにはるかに優れている。明日、彼はトレーニングに参加する予定だ。

「明日の試合に彼が出場できるかどうかは分からないが、週末の試合に向けて見通しは良い。私たちにとって非常に重要な選手なので、私たちは喜んでいる。」

 

その他の怪我のニュースについて

ペドロは腹痛を抱えていて、日曜日は途中交代した。彼は良くなっているが、私はまだ少し問題があると思うので、状況はわからない。私たちは明日彼を評価するつもりだ。

「ジルーは脚に少し疲労を抱えているので、私たち彼も動揺に評価するつもりだ。

「アンパドゥは昨日練習に戻ってきた。今日、明日で彼がチームに加わるかどうかを決めるつもりだ。」

 

前回のリバプール戦で活躍したアザールについて

「すばらしいゴールだった。フィニッシュ、パワー、非常に多くの選手をすり抜ける能力はもはや例外的だ。

「誰もそのような状況から何も期待していなかったので、驚いた。

「これがエデンのような選手の能力だ。彼らは何かをゴールに変えることができる。

「彼に特別な能力を持つ選手であり、私たちはこのような選手の 1人を持っていることがとてもうれしい。」

 

レスターの悲劇とマシュー・ハーディングスの死去と並行して

「私がここに来る 3週間前に亡くなったと思う。しかし、彼がクラブにとってとても重要な人物であることは確かだ。クラブが最も必要としていたとき、彼はクラブにとって重要な役割を果たした。

「クラブは本当に正しい方向に進んでいた。私はこれも彼の下にいると思う。私がチェルシーに移ったときには彼はそこにいなかったが、彼はチェルシーで楽しい時間を過ごしていたと思う。誰もがそう認識している。

「クラブとして、レスターに起こったことに非常に近い。私たちは何年も前に起こったような悲劇が起きたとき、何か良いことが起こることを本当に願っている。

「時にはそれが組織をより強固にするし、これは私が本当に望んでいるものだ。」

 

マウリツィオ・サッリの影響について

「偶然ではない。サリーは非常に一生懸命に働く監督として知られていた。彼は本当にすべてに注意を払い、私はうまくいくことの必然の成り行きが彼の一生懸命働く能力だと思う。

「その上でつけ加えなければならないが、チームは彼の助言をうまく追い続けている。プレイヤーは彼らがしていることから恩恵を得ていることは見てわかるだろう。

「例えば、ロス・バークリーやルーベン(ロフタス=チーク)。若い選手たちはそれをうまく拾っている。つまり、ここで実現しようとしているフットボールを楽しんでいるということだ。

「これは良い仕事環境を作り出しており、結果はこの必然の成り行きだ。」

 

ランパードとロス・バークリーの比較について

「ボックスに入ったフランク・ランパードは例外的だった。彼は、私がこれまでに見た中で最も優れたミッドフィールダーの 1人だと思います。ボックスを攻撃し、適切なタイミングでボックスに入る。だからこそ彼は多くのゴールを決めた。

「ロスはボールにもっと絡み、アクションに関わることが好きだと思う。私が直近の 2〜3週間で見たのは、彼の得点能力も非常によくなっているということだ。

「私には彼がこの能力を持っていることが最初からわかっていた。しかし、チームが彼に必要なものを戦術的に学ぶことに非常に関わっていたため、最初はそれが顕れなかった。しかし今、彼はその自由を得ている。

 

メイソン・マウントについて

私が最初にチェルシーへ赴任したときに彼と遭遇し、私はレンタルに出していた選手を分析した。

「彼は私が分析した最初の選手の一人で、私は『この選手は私たちのチームに居るべき選手だ』と言った。

「シーズン前は少なくとも彼を守る計画だったが、チャンピオンシップのようなリーグに彼を送り、イングランドでプレーする機会が来た。クラブは彼にとってそれが良かったと判断した。

「彼のプレーを見てわかるように、彼は非常に速く仕事を進める精神的なスピードを持つ選手なのでとても好ましく思う。

「身体的には明らかに彼は成長しなければならない。プレミアリーグは異なるレベルだ。 しかし、彼はうまく乗っている。

「だから私は彼に満足しているし、明日はスタンフォード・ブリッジでプレーするのを楽しみにしている。

「彼はもっともっと上達するだろうと確信しているし、私たちにさらに多くの兆候を見せることが彼にとって重要となるだろう。」

引用元 West London Sport、和訳者 cheren

 

 

コメント